ハウスメーカーのアフターメンテナンスはメンテのためじゃなかった

公開日: : ハウスメーカー

アフターメンテナンスを謳うハウスメーカー

「うちはアフターが万全体勢なので安心してください。」

「建てた後もしっかりサポートします。」

なんていうのが、アフターメンテナンスの存在。

そりゃそうだ、建てた後もこまめに見てくれたら安心だ。

 

でも現実は違うようですね。

アフターで訪問してきたとしたら、それはリフォームの営業活動だ。

だから、新築した時アフター契約で言われるでしょ?

「他社でリフォームしたら保障の対象外にする」って。

リフォームも自社で絶対やらせるという方針のために設けられてるのがアフターメンテナンスなのです。

自社製品に責任を持ちますという意味ではないようです。

 

新築とアフターが別会社になってるハウスメーカーがやっているのは『マージンのやり取り』。

要するにアフターがリフォームの仕事を取れたのは、新築の仕事を親会社が取ってきたお陰だから利益の何割かこっちによこしなさいという事。

という事は、リフォーム代金は親会社に支払うマージン込みの価格になる。

『割高』でリフォームしなきゃいけないハメになる。

自社で作った子会社なら、マージン請求しても逆らわないからでしょうかね。

 

もし下請け企業に『バックマージン』を要求すると、これは完全なる違法行為です。

でも自社の子会社にバックマージンを要求するのはアリなんですか?

その辺私もよく知らないんですが、当たり前のようにやっていますね。

ハウスメーカーはやっている事が…ねぇ。

見てておかしい社員の行動

最初は私もアフターメンテナンスをこまめにする会社だと思ってたのよ。

あー、全然っ違うな。

社員の行動見てたら、絶対違うって分かった。

 

営業マンが自分が担当する客から電話が掛かって来ても、受話器受け取らない。

受話器渡されてるのに、シッシッって追い払うような仕草で逃げて隠れた。

 

顧客対応のための要員である営業が責任逃れがスゴイ。

「うちは販売した商品に責任を持ちます。」

そんなの嘘ってすぐ分かった。

 

新築担当している親会社が自分達が責任とりたくないから、作られた子会社だってのがよく分かる。

普通の会社は子会社に分割してないもん、会社の中にリフォーム部がないとおかしいもん。

わざわざ別会社にしてるって、なんか意図が感じられて不自然過ぎる。

新築売ってる親会社のやってる事がおかしい

新築で家が出来上がった。

出来上がった時に良くあるのが『直し』。

お客さんが一通り出来上がった家を見て、ちょっと直してってのはよくある事。

その依頼の連絡が入った。

 

すると新築の親会社はその作業を拒否したのだ。

引き渡した後だからアフターメンテナンスの責任だって。

ちょっと待てよ…昨日引き渡したばかりの顧客の依頼で、やって1週間も経ってない作業で直しが入って、なんでそれがアフターメンテなの?

外部の人からすると、どうせ同じ会社だからどっちでもいいよって思うかも知れないが、抱えてる下請け業者は新築とアフターで別の会社なのよ。

新築の作業でねじを1個付け忘れたら、アフターの別の下請け業者がそのねじ仕入れてわざわざつけるって事。

新築の方で製品おさめてて手間賃払ってもらってる業者にさせずに、何一つ関与していない業者に無理強いするわけ。

おかしいよな?こんなのは。

 

造り付けの家具の納入が家の引き渡し後になるってなると、新築の下請け業者使わずにアフターの下請け業者にやらせる。

金を支払っている業者にさせずに、金を支払っていない別の業者にやらせている。

 

そういうやり方無理強いしてるのが、ハウスメーカーの現場監督よ。

なんでこんな事するのかって言うと、現場管理でロス出してる可能性が高い。

金銭的なロスをアフター使って無かった事にするわけ。

ハウスメーカーの現場監督なんて、現場管理せずに顧客の対応ばっかりやってるからね。

「明日は○○の作業をします!」

「次は○○を何時から取り掛かります!」

なんて、いちいち作業の事前報告を客にする。

お客さんも自分が管理してるわけじゃないし、そんな事言われても任せてあるのにいちいち言ってこないでほしいって人は多い。

なのに、いちいちいちいちそんな事してる。

こんなのは現場管理の仕事とは言えない。

 

肝心の現場管理は放置気味っていうのは下請け業者からも聞いたことある。

業者が連絡とっても、電話に出ないって。

着信履歴残ってるのにかけても来ない。

何回かけても、全く連絡がつかないって。

ハウスメーカーの現場管理って、いらないんじゃないの?って思うんだけど。

建築士や施工技師の資格だけは持ってるんだけど、何も出来ないから持ってても意味ない。

入社した時からそんな仕事のやり方しか知らないようなのでは、完全なる『ペーパーライセンス』じゃん。

現場で必要な詳細図面すら描けないって、どうかしてるぜアンタ。

結局こんな状態で現場管理をしていないのが原因で、金銭的なロスが出てるんだろ。

 

自分の評価を異常なくらい気にしてるから、失敗をもみ消すためにアフターメンテを利用しているようですね。

金銭的にかなりの負担を強いられているので、メンテナンスしている子会社がいつ無くなってもおかしくないと思えてしまう。

会社がなくなったので、もうメンテナンスは知りませんとか言いそう。

だって色んな事で無責任なんだもん、そのハウスメーカー。

アフターメンテナンス契約

アフターメンテナンス契約を家を新築した際にすると、どういうメリットがあるのかというと、リフォーム営業のリストに載るという事でしょうね。

契約しないと保証しないって脅すような事言って契約させてる。

こんな会社で家は建てたくないな。

 

基本的に子会社を作るとバックマージンで二重利益を親会社が上げられるから。

だから新築でも子会社が絡んでくるハウスメーカーの、子会社の提示してくる見積もり金額はかなりの割高で有名。

ネットでも「高い!」って情報が飛び交ってる。

ただ、勘違いしないでちょうだい、高いのは親会社のピンハネ分だから、子会社に文句言っても意味ないのよ。

お客さんの横で味方のフリして、「まけろっ!」って言ってる親会社の社員に言うべきなのよ。

 

このバックマージン帳簿に記載されてるんですかね。

バックマージンってホワイトな手法としては「仲介手数料」って扱いになる。

でも帳簿に記載されない金銭授受をしていたなら、「裏金」と呼ばれる違法行為になるんですね。

親会社の社員は『仲介手数料』と言ってますが、子会社の社員は『バックマージン』と表現しています。

親会社と子会社で捉え方が違うようです。

ハウスメーカーの社員は病んでいる

ハウスメーカーの社員ってね、仕事のやり方見てると精神病んでのが良く分かる。

夕方現場から戻って来た現場監督が電話し始めるのよ、下請け業者に。

そんで、説教し始める。

かなり横暴な口調で数時間かけてやってるんだけど、何時間も同じ内容で電話してるっておかしいでしょ?

しかも毎日欠かさず同じ事してる。

なんでそんなに問題ばかり起きてるの?って聞きたい。

普通、そんなに事件は起こらないし。

 

ハウスメーカーの管理職で一番上に立ってる奴が、建築全く分かんないようなド素人置いてるから、社員捕まえて説教始める。

結局その建築なんか全く分かんないような人間の説教に付き合うのが嫌だから、捕まらないために下請け業者使って時間潰すのよ。

そんで『偉い人は人にお説教して戒める』っていうのが、仕事分かんない奴の独特の思考回路。

理由もないのに理由を自分で作り上げてまでして因縁を付け始める。

説教の内容が傍から聞いてても、仕事に関与できてないのが丸分かり。

何も把握すら出来てない。

とりあえず誰か説教すると仕事してるっていう錯覚に自分が陥れるらしい。

いっつもやってる事は『説教』と『批判』だけ。

彼らは、仕事と言えるような事はしてない。

仕事に関与してない。

利益を上げるのに関係無い事ばかりしている。

っていうか、意味のない電話してる時点でコイツら経費がかかり過ぎる。

 

一度下請け業者に聞いたのよ、そのハウスメーカーの事。

因縁つけるために度々電話かけてくるらしいんだけど、会話がかみ合わないらしい。

結局、下請けにお説教食らわせてるのも、事務所に居る管理職に見せるためにやってる事だから『一人芝居』なわけ。

だから、一人で勝手に喋ってるんだって。

下請け業者が返答しても、筋違いの言葉が返ってくる。

それは自分が一人芝居で用意した、カッコイイセリフを自分勝手に喋ってるから。

 

ハウスメーカーの社員って、絶対精神的に病んでるヤバイ奴だ。

このハウスメーカーこんなことやってるの、現場監督だけじゃなかったもん。

かなりの数の人間がこんな事に熱中して、仕事は放置していたもんな。

「下請けの出来が悪くて困っちゃうよ」とか

「忙しくて仕事が進まないわ」なんて言ってるからウケる。

「私、ずっと建築関係で仕事してきてますけど、ここ抱えてる物件数少ないですよ。なんで残業なんかしてるんですか?」って聞いたらプルプルしてた。

彼ら他の会社を見た事がないから、仕事してるフリがまかり通ると思い込んでいる世間知らずの大バカタレ。

子会社設けたハウスメーカーはクセモノ

アフターメンテナンスを別会社で設けているハウスメーカーは、メンテナンス業務に力を入れているんじゃなくて、利益を二重取りするため。

新築物件でも子会社が絡んでくるハウスメーカーは、新築戸建てで利益を上げているにも関わらず、子会社からさらに利益を要求しているだけ。

関わるだけ、損させられるだけ。

ハウスメーカーで家を買うつもりなら、子会社の存在は事前に確認すべし!

スポンサーリンク

関連記事

ハウスメーカー

地震に強い家を建てるにはどのハウスメーカーか?

地震に強い家 大きな地震が来ると、倒壊せずに残った家屋が話題になります。 どこのハウスメーカ

記事を読む

no image

ハウスメーカーのメリット

大手ハウスメーカーで家を建てるメリットとは 大手ハウスメーカーを選んで家を建てるという人に聞くと、

記事を読む

ローコスト住宅

ローコスト住宅の購入は?安いハウスメーカーの理由

ローコストを打ち出すハウスメーカー ローコスト住宅を販売するハウスメーカーが増えてきました。

記事を読む

no image

営業マンの見分け方

ヤバイ営業マンの存在 ハウスメーカーには、あまり関わりたくない『ヤバイ営業マン』が存在します。

記事を読む

no image

地震がくると住宅メーカーは儲かる

大地震がくると住宅メーカーは儲かる 地震がくると住宅メーカーは儲かる。 これは紛れもない事実

記事を読む

no image

住宅営業マンとの相性

こんな住宅営業マンはやめておけ 住宅営業マンというのは美辞麗句奉るのが仕事である。 そのため

記事を読む

no image

ハウスメーカーの家「今が一番高い」

ハウスメーカーの家は今が一番高い ハウスメーカーの家ってやたら高いと思います。 なんでそんな

記事を読む

no image

地震が来ても住み続けられる家

地震が来ても住み続けられる家 地震に強い家と聞くと、こういう風に捉えると思います。 地震が

記事を読む

no image

某ハウスメーカーの構造

ハウスメーカーの構造 某ハウスメーカーのCMを見て、ウケた。 「構造を確実に安全に」

記事を読む

no image

『大きな地震が来ても住み続けられる家』が今後の耐震基準てか?

耐震基準が大地震後も住める家 大手住宅メーカーを集めて、熊本地震で倒壊した家を調査しているらしい。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

スポンサーリンク

no image
過去に起こった地震と家の関係

大規模地震での家の被害 『地震に強い家』っていうフレーズ。 今

no image
この住宅メーカーヤバイやろ

この住宅メーカーのどこがいいのか… なんでここで家を買うのか分かんね

no image
オリンピック競技場の建設を何故ゼネコンは引き受けたのか?

オリンピック新国立競技場建設 オリンピックの新国立競技場の建設に関わ

no image
バリアフリーな家づくり

バリアフリーの本当の意味 『バリアフリー』と言うと、「段差がない」と

no image
自慢したくなる家

自慢したくなる家を欲しがる人 自慢したくなるような家というと、自分た

→もっと見る

PAGE TOP ↑