家がパースと違う!パンフレットと違う!なんか狭いぞ

公開日: : 最終更新日:2018/02/04 家づくり計画

なんかパンフレットと違う…

パンフレットや新聞広告などの住宅展示場の写真を見て、ワクワクしながら入ってガッカリした事ないですか?

私はあります。

 

新聞に載っていた完成見学会で新築のお家を見せてもらった時、写真と違い過ぎてビックリ。

10帖くらいありそうな玄関ホールに階段のある写真だったのですが、実際見ると階段までの距離が2歩でした。

実物とは似ても似つかない『嘘』のような写真。

「詐欺じゃ~ん」なんて思ってたのですが、詐欺ではございません。

 

これと同じ現象が、家を計画する時に渡される、カラーパースでも同じことが起きてます。

6帖しかない部屋が12帖くらいに見えてしまうのです。

「詐欺じゃ~ん」って思いますが、詐欺ではございません。

なぜパンフレットやパースが実物と違うのか

原因は『遠近法』です。

遠近法を超効かせている。

 

一度、新聞掲載用の写真を撮影している所を見たのですが、とんでもないアングルから撮っています。

玄関タイルの上に寝そべってそっくり返って撮影していました。

なぜ、そんなアングルから撮るのかというと、全てを1枚の写真に納めなきゃいけないから。

床・壁・天井・扉・階段。

見せたいものが全て1枚に納まるようにアングルを探して、カメラの機能をフルに使って渾身の1枚を撮影するのです。

 

「詐欺るなよっ!」って思うかも知れませんが、人間の視界というのは立体的です。

それを、平面的に見ると何も見えなくなるのです。

自分の目の周りに手で四角を作って目の周りを囲んで見てください。

壁も天井も見えなくなるでしょう?

これでは何も見せられないという事。

 

計画中のパースも同じ事で、用紙のサイズに合わせて、対象物である家や庭を入れなきゃいけないため。

できるだけ色んなものが見えた方が、雰囲気が伝わりやすいわけです。

それで遠近法をかけると、

「庭、超広い!」

「リビング、超広い!」

という事になる。

実物が出来上がった時、ギャップを感じる。

 

平面的な紙の上で立体的な人の視界を表現して、用紙サイズに納めているという事です。

詐欺ってるわけでは無くて、こうするしか術がないのですね。




しか~し!

この遠近法の機能をやはり悪用している者はいる。

パースを作成する時、見栄えがいいからと、遠近法の機能を過剰に使う奴はいる。

 

最近は見栄えにこだわるパースを作る会社も多く、人の目線からパースを取っていない場合も多い。

地の底からアングルを決めるような奴もいる。

地の底アングルから遠近法効かせて『ニョミ――――ン!』

やり過ぎでよく見るとパースの中で家が、歪んでたりする。

 

この場合どっちみち、遠近法は効かせないと用紙に入らないので、展示場などを参考に部屋の広さは確認してください。

展示場は、計画中に広さなんかを確認するのに、積極的に使うといいと思います。

パンフレットや新聞広告で、気に入った家を見付けた時は、実物を見に行く事をおススメします。



スポンサーリンク

関連記事

no image

ハウスメーカーの契約での注意点

ハウスメーカーは契約を急かされる ハウスメーカーは、契約を急かしてくる事がよくあります。 こ

記事を読む

no image

家の相見積もり「何社かを比較検討してますか?」

家の相見積もり 『相見積もり』というのは、自宅の建築を依頼する建設業者を決めるために、数社から見積

記事を読む

no image

自慢したくなる家

自慢したくなる家を欲しがる人 自慢したくなるような家というと、自分たちにとって理想的な家だと思うで

記事を読む

揺れ疲れ

『揺れ疲れ』地震の後の症状

揺れ疲れとは 『揺れ疲れ』 今回、熊本地震でよく聞くようになりました。 大きな地震が来

記事を読む

被災

被災した家を建て直す時に利用したい制度

国の制度を利用する 自然災害で被災してしまった場合、住宅だけではなく住宅の中にある財産も全てを失っ

記事を読む

ローコスト住宅

家を買うタイミング

『家は一生に一度の大きな買い物』じゃない 家は購入するタイミングによっては2度買う事になる 『一

記事を読む

no image

一級建築士と二級建築士の違い

建築士を選ぶ人 木造の家を買いにきたお客さんで、二級建築士が担当したのが気に入らないからと、一級建

記事を読む

no image

新築の値引き交渉が下手やで、みなさん…

値引きをいきなり申し出る人多いけど… 新築の家のプランを作る時に、いきなり値引きを連呼するという人

記事を読む

家のトラブル

家を建てる事を友達に相談するのはトラブルの元

家を建てる時トラブルを招くのが自分の友達だった。 『家を建てる』となるとみんな浮かれてしまって、周

記事を読む

no image

システムキッチンが安いメーカー

システムキッチンが安いらしい 家を新築する時、大抵の会社が大手メーカーのシステムキッチンを標準でつ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

スポンサーリンク

no image
新築した自宅が欠陥住宅かも⁉『家の欠陥の見つけ方』

欠陥住宅が増えてる? TVを見ていたら、「近年、欠陥住宅がかなり増え

no image
新築の家に引っ越しして地縛霊に悩まされた…その原因とは

新築の家に地縛霊が… 新築の某有名メーカーが展開する建て売り住宅を購

no image
新築のフローリングの色選びで後悔しないためには

新築のフローリングは何色がいい? 最近はフローリングにこだわりのある

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s
乾燥肌の原因が家や住む環境なんて事も…

突然、乾燥肌に 今まで、こんなに酷い肌の乾燥は無かったのに…。

no image
過去に起こった地震と家の関係

大規模地震での家の被害 『地震に強い家』っていうフレーズ。 今

→もっと見る

PAGE TOP ↑