新築する時の外観がおしゃれな理由とは?

公開日: : 外観デザイン

外観がおしゃれでデザイン性が高い理由

新築する時、外観にこだわる人は多いですよね。

こんな時、デザイン性の高いおしゃれな家を作るハウスメーカーを選ぼうとします。

おしゃれでデザイン性が高いと言われているハウスメーカーが作る家のデザインはどんななのかというと…。

全部同じ⁉

まさかの、ほとんどのお客さんが、全くと言っていいほど同じデザインの家を購入していました。

 

どんなデザインなのかと言うと、ありきたりを絵に描いたような家ばかり。

白っぽい外壁に、屋根は黒かグレーが、このハウスメーカーの定番でした。

自由度が高い事も売りにしているこのメーカーのこのデザイン力の無さは…何なんだ?

 

なぜ、このような事になっているのかと言うと、価格帯が高いハウスメーカーのため、選ぶ余地がないから。

デザイン性を求めて選んでしまうと、金額が跳ね上がってしまうという状態。

そのため、お客さんは皆同じデザインの家ばかり買ってしまうのです。

家を新築する時、デザイン性を求めるという事

デザイン性を求めるお客さんの心理はこうだと思います。

  • 特別感
  • 個性

いわゆる自分達だけのデザインで、オンリーワンにしたいという気持ちを持っています。

「周りの家とは違うデザインに」

「おしゃれで新しい感じに」

「人から羨ましがられるように」

こういう気持ちが強いと思います。

ありきたりなデザインに満足してる…

デザイン性を求めてやってきたハウスメーカーで、お客さんはそのデザイン性のない外観の家に満足しています。

これ、なぜか分かりますか?

営業マンにお洒落でデザイン性の高い家だと説明されたからです。

 

私が見た中でもダントツで外観にデザイン性がないハウスメーカーの家が、おしゃれと称される理由は営業テクニックによるものです。

これをするのは営業だけではありません。

設計やインテリアコーディネーター、現場担当全てが、「おしゃれ」と「デザイン性」を連呼するのです。

 

「ここをこうするとオシャレですね~」

「うちが販売する家はおしゃれだから欲しがる人は多いんですけどね~」

「デザイン性を持たせるためにこうしてみました~」

「この家を見た社員が、すごくデザイン性があるって言ってましたよ~」

「この家おしゃれに仕上がりましたよ~」

などなど…「おしゃれ」とか「デザイン」というワードをうるさいくらい連呼してます。

オシャレでデザイン性があると刷り込まれてしまうんですね。

 

「シンプルでスッキリしたデザインで~」なんて事を言います。

シンプルは直訳すると「簡素」です。

「簡素でノペッとした見た目ですね」という事に過ぎません。

 

人というのは、人から褒められるとそれをおしゃれなものだと思います。

段々とそういう風に思い込み始め、最終的には自分から「おしゃれ」だと言い始めます。

ほぼ、8~9割の人が、同じ外観の家を購入しているという状態。

自由プランなのに、型にはまったような既製品を購入しているような状態。

パターン化されたデザインの家を売っているハウスメーカーより、バリエーションがないという現実。

お客さんに気付かれる

家を新築したばかりのお客さんは、非常に満足しています。

しかし…お客さんでこのデザインがありきたりというのに気づく人も結構いる。

 

家を建てるとなると、人の家がすごく気になり始めます。

家の計画中も気にして見ているのですが、建て始めてから自分の家とソックリの家が建っている事に気付くのです。

「あれ…ソックリなのがいっぱいある…」

外壁や屋根の色合いを決めて、さらにポストや表札などが付いています。

これも、全く同じものが付いている。

 

ハウスメーカーというのは、使用する部材を作るメーカーと提携していたりして、そのメーカーの商品を中心に使う傾向があるため、同じ物ばかり使うという事が多い。

また、担当の設計などの好みが固定化されてしまい、バリエーションがほとんどないという状態に。

 

自分の家にデザインがそっくりの家をたくさん見付けたお客さんもツッコむ事はツッコむのですが、もう既に建ててしまっているため笑いながらツッコむしか術がないようです。

「あのデザインが一番人気があるんですよ~。オシャレですからね」

そう言ってニコリと笑いかける営業マンの微笑みを見て、今まで見てきたその笑顔が営業スマイルと呼ばれる作り笑顔であると、お客さんは初めて気付くのです。

デザイン性を持たせたいなら

家の外観にデザイン性を持たせたいなら、低価格帯の業者に頼む事。

高い価格帯のハウスメーカーでは、選ぶ余地がない事がほとんどです。

デザインが決まっっているハウスメーカーでも、実際売れているのは2~3種類くらいの低価格なシリーズです。

 

自由設計・自由プラン・自由なデザインと、自由を強調されると、自分の思いのままになると捉えがちです。

自由という言葉の根本には『お金があれば自由ですよ』という意味が隠れています。

 

「自分の好きなようにしたい!」

「お金があればね!」

こんな事はハウスメーカーは言ってくれないので、私が代わりに言いましょう。

「金さえあれば自由自在だぜ!」

これが現実というものです。

スポンサーリンク

関連記事

no image

雨漏りしにくい屋根の形状は?

実は雨漏りってめっちゃ多い… 実を言うと雨漏りしている家って、かなり多いように思う。 『こん

記事を読む

家の外観

おしゃれな家の外観

外観がおしゃれな家に住みたい 「家の外観はおしゃれにしてください。」そういう依頼をして、設計が提示

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
過去に起こった地震と家の関係

大規模地震での家の被害 『地震に強い家』っていうフレーズ。 今

no image
この住宅メーカーヤバイやろ

この住宅メーカーのどこがいいのか… なんでここで家を買うのか分かんね

no image
オリンピック競技場の建設を何故ゼネコンは引き受けたのか?

オリンピック新国立競技場建設 オリンピックの新国立競技場の建設に関わ

no image
バリアフリーな家づくり

バリアフリーの本当の意味 『バリアフリー』と言うと、「段差がない」と

no image
自慢したくなる家

自慢したくなる家を欲しがる人 自慢したくなるような家というと、自分た

→もっと見る

PAGE TOP ↑