外観デザインの種類の定義とは?

外観デザインの種類

外観デザインをどうするかという時、どう伝えます?

「モダン和風で」とか「シンプルモダン」など、ネーミングも巷には溢れています。

モダン和風の定義って分かります?

実は明確な定義はない。

何となくそう見えるというだけの事。

 

明確に定義は無いのですが、既にデザインされた家を表現するために使われた、ニュアンス的に表現するためのネーミングだと思います。

雑誌などで伝えるためにそういう言葉を付けて表現したり、既にデザインされた家に付けられたネーミングなのでしょう。

だから、それを要望として言われると、正直よく分かんない。

 

モダン和風と和モダンは違うと言う人もいました。

どう、違うのか?

その方曰く、モダン和風はモダン率が高く、和モダンは和の率が高いとの事。

そんな定義はどこから覚えてきたのだ?

 

ネットで検索してみたところたくさんあって意味が分かんない。

「シンプルモダン」と「洋風」と「洋モダン」と「シンプル」

どういう風に違うのか分かんないんだけど…。

さらには「コンテンポラリー」「欧風」「ブリティッシュ」「北欧」「アーリーアメリカン」なんてのも。

 

建設業で働いていると、こういう言葉はまず使わない。

定義が明確に無いため、こういう言葉を業務上使う事は無いのだ。

しかも、意味分からねぇし想像がつかない。

外観デザインの決め方

実は外観デザインというのは、間取りを決めた後、屋根と外壁の色を決めるだけ。

外から見える部材の色柄を変えるだけに過ぎない。

「和風モダン」などは、要望が多いため、要望されたらこうする。

格子をペッとアクセントとして付ける。

実はこれだけだったりする。

 

しかし、これをしてもイメージと違うという人もいるわけ。

で、じゃあそのモダン和風ってどんなの?ってなると、お客さんが考え込んでしまう。

「もっと、おしゃれに」って…。

それじゃ、どうにもならねぇんだが。

家の形によって似合うデザインと似合わないデザインがある

ほんと言うと、家の外観デザインって、家の形がかなり大事。

 

ちょっと例えてみると、底面積が正方形の総2階建ての間取りにしたとしましょう。

これを純和風にしたいとなると、どうする?

和瓦に鬼瓦まで施しても、家の形のせいでマヌケな感じになると思いません?

これを、横長の長方形の平屋にすると、それなりに決まるんです。

 

家の外観デザインのイメージって、家の形状そのものがそれなりにそのデザインに向いていないと決まらないんです。

ほんと言うと、家の形が形なら、屋根の色や外壁の色だけをいくら変えてもどうにもならないような形の家もある。

そういうデザインありきで、間取りを考えなくてはいけなくなる。

その外観を崩さないように間取り変更するわけよ。

デザインにこだわるのはお金をかけるという事

外壁にアクセントを付けたり、玄関周りを囲ったようなデザインにすると、それなりにお洒落になったりもするんですが、金額が跳ね上がる。

外観の希望をどう伝えるか

外観に対して、自分の希望がある場合は、先に伝えておかなくてはいけません。

参考になるような資料を雑誌やネット画像で下調べして伝えるといいでしょう。

このような場合、他人の家の写真を撮ってくるような人もいるのですが、それはやってはいけない事。

どうしても、人の家のデザインを参考にしたい場合は、場所を営業マンに伝えて見に行ってもらうようにしましょう。

スマホなどで簡単に撮れるからといって、人の家を写真にとるのは無断撮影であってプライバシーが写り込んでしまう可能性があります。

 

デザインなどは口で伝えても、伝わりにくいものです。

やりたい事が明確にあるならば、それに対して自分が資料を集めたりと努力が必要です。

プランを見ては違う違うという人も多いのですが、違うのではなく何が言いたいのか伝わっていないという事。

ちなみに外観デザインの面では、ほとんどの人が予算オーバーになるため、諦める事も多いようです。

ハウスメーカーの坪単価ギリギリの予算で自分の思い通りになるというほど、世の中は甘くありません。

外観デザインにこだわりたいのであれば、予算は坪単価以上の余裕をもって挑んでください。