ハウスメーカーの家「今が一番高い」

ハウスメーカーの家は今が一番高い

ハウスメーカーの家ってやたら高いと思います。

なんでそんなに高いのかというと『人件費』

 

大手ハウスメーカーなどには、人件費の安い非正規雇用の社員もたくさんいます。

「正社員雇用ではなく、非正規雇用にしたのなら人件費を削減しているんだろう…。」

こういう風に捉えがちですが、現状は全く違います。

 

『非正規社員をたくさん雇うTOP500社』というランキングがあるのですが、大手ハウスメーカーも名を連ねています。

非正規をたくさん雇うTOP500⇒

非正規率の高いハウスメーカーは、正直ヤバイというのが私の本音。

このランキングに名を連ねているハウスメーカーを実際見たのだが、この非正規社員の存在を『人件費の削減』だと思っちゃいけないという事。

ハウスメーカーの正社員と非正規社員

ハウスメーカーの非正規社員が何をしているのかというと、正社員の代わりに仕事をしているだけ。

人材を非正規雇用しているのではなくて、正社員を使わずに非正規社員に業務をさせているだけだという事。

正社員が自分の仕事を非正規に押し付けてくつろいでいるという状態。

ハウスメーカーって、仕事せずにウロウロ遊んでお喋りばかりしている社員で溢れかえっている。

 

なぜ、自分の業務を正社員がやらないのかというと『責任の放棄』

自分のメンツを保つために、失敗しない方法を選んでいるだけ。

これは、全て自分の昇進のためです。

彼らがやっているのは、非正規社員の批評。

これは、建築とは関係もない…というか通常こんな事する必要もない業務とは呼べない行為。

 

彼らが非正規の批評をしているのを管理業務だとでも思います?

自分の業務を手放して批評に興じているような人に、建築の知識や技術などあるわけがない。

そんな人材に人件費が異常にかかるのです。

今のご時世、時代錯誤な人材としか言いようがないような人が、会社の中に溢れているのがハウスメーカーというところ。

ハウスメーカーはなんでこんなになっちゃった?

ハウスメーカーはバブル時代に人材を大量採用しています。

特に営業職を大量に採用している。

バブル時代は、家がやたらと売れたのです。

家を売ろうと頑張らずとも、勝手に家が売れていくような時代。

こういう時代に入社した人材にスキルなど身につくはずがありません。

 

バブル時代に入社した社員たちは、今どういうポジションにいるか分かります?

管理職になってしまっているんです。

異常なほどの人数の管理職が存在しています。

仕事などまともに熟せないような人材も少なくありません。

バブル時代に入社している人間というのは、家が勝手に売れていくため本当に何も出来ないなんて人が多いのです。

 

この管理職の給料泥棒とも言える人達を、なぜかハウスメーカーは維持しようとしています。

大手企業のメンツでしょう。

要らない人間を整理すると、人間がいなくなるような組織ですから。

 

彼らの給料を捻りだすためには、どういう人間が必要かという事。

給料の安い技術のある人材が必要になりますよね。

そういう人がいないと、業務は熟せないし、役立たずの高給取りの給料は出てきません。

それが非正規社員です。

ハウスメーカーの営業は人材としてひどすぎる

非正規雇用をたくさん使う企業にランキングされているハウスメーカーの営業は、ほとんど1日中事務所に座り込んで動きませんでした。

接客は非正規の店員に任せっきり…。

電話すら出ない…自分の顧客から電話がかかって来ても、電話に出ようとせず事情の分からない非正規に応対させる始末。

自分で作る書類すらまとも作れないような営業もいます。

パソコンもロクに扱えない。

 

営業マン全員で別の部屋に移動して会議を始める。

会議に内容などはなく、非正規社員の批評や猥談がほとんど。

彼らは、なにをすれば利益が上がるのかという概念がないらしく、利益にも生産にも関係のないような事ばかりに勤しんでしまう…。

そういう事を自分の業務にしてしまうのは、責任が生じないからでしょうね。

いわゆる『逃げ』です。

肝心な業務から逃げるために、意味のない業務を作り出してしまうのです。

業務に対する責任の放棄です。

彼らの給料を賄うために家は高く高くなり、社員は非正規雇用で溢れかえっているのです。

ハウスメーカーの崩壊

ハウスメーカーは内部が崩壊している。

バブル時代をきっかけに崩壊しているハウスメーカーは多い。

なぜなら、営業上がりの建築素人がバブル景気に出世して指揮を取り始めたから。

家の事など分かりもしない、営業なんて販売員と同格のレベルの人間が勝手な指示を出している。

言ってる事は無茶苦茶だわ。

 

「地震に強い!」なんて謳い文句のハウスメーカーの家が倒壊しても、何も不思議には思わない。

非正規任せ、下請け任せで正社員が業務から逃げているような会社の家だもん。

図面や必要な資料、お客さんの要望なんかを業務に携わる非正規や下請けに伝える事すら出来てやしない。

これで、「うちの会社の家は強いんです!」って売ってる。

要するに口だけ。

基本的に、ハウスメーカーの正社員の業務は口だけのパフォーマンス。

肝心の仕事はしちゃいない。

 

ハウスメーカーでバブル入社の正社員の数は異常なほど多い。

そのせいで、バブルが崩壊して景気が低迷し始めた頃に社員をほとんど入社させていないなんてハウスメーカーもある。

動かない管理職と非正規社員という構成。

会社の中の半分の人間が、座って給料だけ持って帰っている状態。

そら、家も高いだろうって思うでしょ。

ハウスメーカーの正社員のお粗末な業務

非正規雇用の多い企業ランキングに名前の挙がっているハウスメーカーの正社員がやっていた業務とは呼べない業務を教えてあげる。

まじでこんな事仕事と思ってやってんのか?って呆れるだろう。

そして、こんな人間を雇用している会社で購入する家が良い物だとは思わないだろう。

使用している材料の質も落とさなきゃ、こんな人材賄えるはずないんだよ。

  • 内容の無い会議
  • 自分本位な叱責
  • 電話で遊ぶ
  • 非正規の批評

ハウスメーカーの営業マンは毎日のように会議を開いていた。

会議を開くのはその支店の偉いさん。

元・営業マンの偉いさんだ。

ハウスメーカーというのは、勘違いを起こした雇われサラリーマンが上に立っている。

「自分を崇めろ」的な感覚を持っている。

そのため、顧客のための資料を作っていようが、業務に必要な事をしなきゃいけなかろうが、管理職の開く中身のない会議の方を優先しなくてはいけない。

会議に出られない部下は上司のメンツを潰す奴だと認定される。

こんな状況を管理職が作ってしまうから、業務を非正規に放棄せざる負えないのかも知れない。

 

社員をやたら叱責しているのがハウスメーカー。

社員がなにかやらかしたというわけではなく、管理職が自分のやる事が分からないから叱責というのを業務として行う。

社員を呼びつけ、いきなり叱責を始めるのだ。

聞いている限り、非常に中身がない。

建築に関する事が一切ないように含まれていないため、建築ど素人の営業マンのバカ管理職が繰り広げる異次元ワールドという感じ。

管理職が口を開くたびに、バカが口から垂れ流し。

 

バブル時代の大量採用で建築業界に紛れ込んで来たような人材というのは程度が低い。

ロクな大学出てないし、建築学部なんて無縁の文系。

ちなみに建築って、理系の仕事だからね。

お門違いな人間採用すると、仕事でやる事すら分かんないって始末。

終いには自分の事を「体育会系」だと名乗り始める。

体育会系…建築に体育なんて関係もないし、体育大学出てるわけでもなきゃ、何を体育に繋げているのか分からないあたりが、ほんとうにこいつバカなんだなって思わしめる。

 

ハウスメーカーの社員に携帯電話を渡すと、ロクな事しない。

社員同士で雑談するのに使っている。

酷い場合は、フロアの違う社員同士がお電話でトークしている。

トークの内容は、仕事とは全く無関係。

こんな電話を1日に何時間もして時間を熟しているのだ。

そして一番呆れかえったのは、そんな正社員たちを見て、派遣社員が同じことをしているという衝撃の事実。

 

正社員の業務を賄っているのが非正規社員だと言われると、非正規社員が優秀だと思い込むかも知れない。

でも現実非正規社員を見てみると、建築のスキルの全くないような人材を採用している。

採用する側のハウスメーカーの社員が、建築スキルがないためスキルが必要だという認識が無い。

だから、こんなレベルの低い非正規がいるんだろう…。

非常に、怖い事である。

 

ハウスメーカーの管理職たちは、自分を盛り立てる事を部下の仕事にさせてしまう。

当然、非正規社員にもそれを一番の重要な業務だとして押し付けるのだ。

なので、ハウスメーカーの非正規社員は正社員によく媚びる。

そして正社員の真似をしてお電話で雑談トークをする事を、業務だと認識してしまうのだろう。

ハウスメーカーの非正規社員って、ちょっとイカれてるようなのが結構いる。

正直、使えないし、業務に支障出してて危ない人材が多い。

 

建設業に関わる人間って、下品。

仕事中に猥談に興じているような男の吹き溜まりだと言っていいだろう。

スーツ着てる偉いさんの会話内容の酷い事。

その辺のおじさん以下。

 

こういう頭の行かれたロクな大学出てない人材は、非正規の女性社員の批評をして遊んでいる。

彼らの業務は女漁り?って思うくらいヒドイものがある。

業務に関しても批評を繰り広げてはいるのだが、なんせ営業上がりのポンコツには建築の知識などないため、業務が早いという時間的な事しか批評できない。

業務内容が分からず早い遅いだけの批評…。

どんだけアホなのかがよく分かる。

何も知らないし、何も分からないんだってのがよく分かる。

そんな彼らを見ていると、とても不安を感じる。

ハウスメーカーの正社員の存在には、不安しか感じられない。

非正規の多いハウスメーカーには管理職がたくさんいる

非正規の多いハウスメーカーというのは、管理職がたくさんいる。

バブル入社の使えないバカね。

 

要するに簡単に説明するとこういう事。

給料の高い人間+給料の安い人間÷2人

これで、人件費の均整を取ろうとしているわけだ。

 

でも実際見てみると、非正規社員より管理職の方が多かったりする。

給料の高い人間を養うために、給料の安い人間に仕事をさせて、残りの足りない分はお客さんに高い家を買わせるしかないという事。

だからハウスメーカーの家は、やたらと高い。

ハウスメーカーの家が高い理由は、これで分かりました?

 

バブル時代に入社した社員が大量に管理職となってしまっているのが、今。

景気の低迷しているこのご時世に、そういうバブル入社の使えない人材の偉いさんがたくさんできてしまっている。

それを賄ってくれって言ってるのが、ハウスメーカーの家の値段設定。

ハウスメーカーで家を買う奴はバカだ

大手ハウスメーカーに勤めた事がある私からすると、ハウスメーカーなんかで家を買う奴ってバカだ。

私なら、絶対に選択肢から外す。

金を捨ててるようなもんだからな。

そもそも肝心な家の構造に不安すら覚えるのがハウスメーカーの家だ。

 

いくら特殊な構造の家でも、非正規任せの下請け任せで正社員が建築素人の仕事から逃げる責任転嫁がクセになっているような組織の体質ではね。

非正規が多いという事は、正社員が仕事を放棄するクセがあると認定していいだろう。

それがハウスメーカーの実態だ。

 

仕事をせずに偉いさんごっこしてる正社員と、その正社員に媚びを売るのに必死になってる非正規社員…。

これでまともな家が出来ると思うか?