もしも、私が家を建てたなら~♪

ちなみに家を建てる予定はありません

建築に携わって多少なりとも知識がある人間が、どんな会社を選んでどんな家を建てるのか。

気になるだろうなと思って。

家を買うのに情報を必死で集めている人は、どこかに納得できる正解があると思って必死になってるでしょ?

 

ガッカリする結論を言いますが、これが現実です。

分からないんです。

どこがいいのかが。

コンビニドーナツのように食べ比べが出来ないんです。

手軽な商品じゃないが故に、比較対象が出来ない。

 

しかも家というのは住んでみなくては、分からない。

1軒ずつ春夏秋冬1年間体感するなんて無理だったりする。

誰も分からないと思います。

設計士がどんな家に住んでいるのか

設計士となるとすごい家に住んでいるんじゃないのかと思いがちですが、意外なほどこだわりがない。

人によっては、広告で見つけた安い建て売り住宅に住んでたりする。

家に興味が無くなってくるというか、断捨離的な感覚になっている人が多いかも。

余計な物は付けない。

見た目はあまり気にしない。

物欲が全て削ぎ落されてるような家を作ったりする。

 

稀に、すごくこだわった家を作る人もいますが、これは宣伝用に使う目的の場合が多い。

自宅兼展示場みたいな。

住宅展示場は参考になるか

正直、何の参考にもならない。

どれを見ても一緒。

決まりきった規格品を付けた、決まりきったデザインを販売するメーカーの展示場なら見に行くとよく分かるとは思います。

 

展示場を見て、それがこの会社のデザインだと思い込む人も多いようですが、デザインは自分で選べる。

洋風の展示場を設けているところは、和風の家は作れないと思い込んでいる人とかもいるけど、全然関係ない。

自分が希望を伝えてプレゼンを出してもらって、気に入ればそれでいいのです。

家の構造

家の構造面も気になりますが、メーカーなどは特殊過ぎて、ハッキリ言って分かりません。

こっちの構法とこっちの構法、どっちが強い?とか聞かれても分かんない。

特殊な作りの家は住み心地にも影響してくる場合があるから、妙にこだわってると疑ってしまったりする。

気になる点

建設会社の社員が自社で家を建ててるかという点。

これ、会社によって差がある。

 

メーカーは格段に少ない。

自社製品を買っている社員は、出世のために買っているという印象。

一部の営業は購入してるが、設計士が誰一人として買っていないなんてとこもあった。

「こんなところの家は買いたくない」

こんな事言う社員が多い。

理由は、人件費ばかりで高いから。

 

逆に工務店は自社購入が多い。

自分で設計して、自分で現場を管理して、自分が建てたという満足感に浸れるんだろう。

価格を安くするのに、業者さんと相談しながら進められるというメリットがあるから。

 

業者さんとの関わり方が蜜なのは、ダントツで工務店。

メーカーは下請け業者に、一方的に言いっ放しという仕事の仕方が多い。

やり取りがあるかないかの違いは大きい。

工務店でも言いっ放しという社風の所があるのだが、とても仲良しなところもある。

業者さんと仲良しなところに頼みたい気はする。

 

小さな昔から続く工務店で、社長が設計して社長が作業にも加わっている会社が結構ある。

こういう会社が余計な人件費がかかってなさそうでいいなとか思う。

あくまでも想像だけど。

もし家を建てるとしたら

家を建てる予定はないが、もし建てるとしたら、近所の工務店に頼むだろうな。

近所にたくさん実物が建ってるし、経営年数もそこそこ長いから。

打ち合わせとかを何度もしなきゃいけなくなるから、いちいち遠い所には頼まない。

 

色んな会社を比較して決めようとしている人からすると、ガッカリするような答えだったでしょう。

こんなもんです。

 

 

 

コメントを残す