地震が来ても住み続けられる家

地震が来ても住み続けられる家

地震に強い家と聞くと、こういう風に捉えると思います。

  • 地震が来ても潰れない家
  • 地震が来ても住み続けられる家

地震が来ても潰れない家は、地震の後も住み続けられると考えてしまいます。

これ、微妙…。

 

地震が来ても潰れなかった家が、住み続けられる家なのかというと、それは言い切れないわけです。

阪神大震災で倒壊しなかった家

阪神大震災で倒壊しなかったハウスメーカーがあります。

地震に対して強固に作っていたから耐えられた…のではなく、たまたま阪神大震災で地震に強いと証明されたという感じ。

それまでそこまで大規模な地震というのが来た事がなかったため、地震に対する構造の家なんてハウスメーカーは提供していなかった。

 

「地震が来て家が倒壊しても、それは不可抗力」

これが日本の建築業界の常識のようなものだった。

だから、家に亀裂が入った時に、営業マンが「地震がいたんじゃないっすか~」なんて言い逃げして補修すらしなかったハウスメーカーすらあった。

これは、地震で強いなんて噂もないようなメーカーだけど。

 

阪神大震災で倒壊しなかったというハウスメーカーは有名だと思う。

でも、これは大地震で倒壊しない家を提供できるのであって、大地震の後も住み続けられる家ではなかったというのが、ほとんどの人が知らない事実。

大地震が起こると家は歪む

大地震に見舞われた後、家は歪んでしまった。

歪んだと聞くと、歪んだくらいならそのまま住みますと考えがち。

でもね…家って歪むと開口部が動かなくなる。

 

家が傾いて平行四辺形になった時に、建具も一緒に平行四辺形に変形してはくれない。

平行四辺形に変形した家が、建具にのしかかって動かなくなるんだろう。

ある意味傾いた家のつっかえ棒のような役目を担ってしまう。

 

開口部が動かないという事は、玄関扉は開かない、サッシは動かない、家の中のドアや引き戸も全てが動かなくなるという事。

地震が来て避難場所に逃げて、家に戻って来ても家には入れなくなってしまっているという事。

窓ガラスを割ってとりあえず入ったとしても、今度は室内のドアが開かずどうにも出来ない状態になってしまうだろう。

そして傾いた家に住み続けるというのは、危険につながる。

いつ倒れるか分からないから…。

倒壊しないってこういう事

地震に対する保険や、国の補助を受ける人って、「半壊」とか「全壊」という認定を受けなければ、保険も適用されないし補助金ももらえない。

家が使えないにも関わらず、保険や補助金が受けられないという現実があったようだ。

あくまでも、これは阪神大震災が起こった当時の事、今はその辺がどういう扱いになっているのが細かい事は分からない。

 

家が歪んで使えないけど倒壊してないから、自腹で家を建て直し。

歪んでしまった家を元に戻す事は出来ないと言っていた。

命が助かったから、これに対してどうこう言う人もいない。

困った状態だけど、体は無傷でありがたいという感じだろう。

 

何度も大きな地震が来ているため、保険の仕組みや補助金の仕組みも変わってきているかも知れない。

その辺もよく考慮して、家を購入するといいかもしれない。

地震が来ても住み続けられる家

地震が来ても住み続けられる家。

こういう事を謳い文句に使おうとしている他所のハウスメーカーの営業マンを見た事がある。

阪神大震災で起こったその後どうだったかなんて知りもしない人。

何も考えずに、聞こえの良いフレーズで売ろうと思っているのが分かる。

  • 地震が来ても潰れない家
  • 地震が来ても住み続けられる家

これは、別物。

これが別物であるというのが、皆想像しにくいのだ。

阪神大震災の現実を知らない人は、『潰れない家=住み続けられる家』って思っちゃうから。

 

潰れないから住み続けられる…これは阪神大震災の後の現実を参考にすると、違うのだ。

潰れないなら住み続けられるだろう…こういう風に思い込まない方がいい。

潰れなかったから住み続けられた人もいるだろう、でも潰れなかったのに住み続けられなかった人も実際いたという事。

リアルな地震

ハウスメーカーで地震発生装置に家を乗せて揺らしている映像をよく見かける。

でも、現実の地震って揺れるだけじゃ済まない。

地面はズレたり、割れたり…。

平らな場所でただ揺れるなんてもんじゃない。

地面がズレて割れてるのに、その上に建っている家がまっすぐ…これは非現実的な気がする。