この住宅メーカーヤバイやろ

この住宅メーカーのどこがいいのか…

なんでここで家を買うのか分かんねぇ~って住宅メーカーがある。

それは『積水ハウス』

欠陥住宅を調べるような仕事をしている人のブログを見ても「タチが悪い」と書いてある。

そして、私もそれに同感します。

 

建てて数年で家が沈んで壁がバキバキに割れても無視★

電話をかけても対応しようとしませんし。

欠陥住宅を調べる仕事をしている人のブログを見て「あ…やっぱり」って感じ。

 

請け負うのは『積水ハウス』

工事の施工は『積和建設』

こういう風に分かれてる。

積和建設が積水ハウスの子会社って事。

裁判に慣れてる

この住宅メーカーは何か起きても裁判慣れしてるので有名。

それ専用の社員や弁護士が揃ってるなんて噂も。

大手メーカーって、こんな事にはめっぽう強いんですわ。

 

まあ、裁判にまで至らなかった場合の対応がどうだったか説明しようか。

営業マンに連絡を取ると、グダグダと訳の分からない事を言い、最終的に何をとち狂ったかブチキレてきたらしい…。

終いには電話に出なくなり、会社側が取り計らったのか営業マンは転勤で姿を消す始末。

施工を担当した積和建設の現場監督に連絡しても、「積水ハウスの方に聞いてくれないと、こちらに連絡されても困る~」と言い張り、対応する姿勢は見せないという。

積水ハウス・積和建設、家の建設に関わった両社が電話で対応を拒む状態に。

一般の人は八方ふさがり状態にされるわけよ。

 

さらに、「補修に対して料金は払う」と客が申し入れても無視したんだと。

とにかく、都合が悪いと感じたら逃げる!逃げる!逃げる‼

この住宅メーカーは技術者不足の可能性が高い

この住宅メーカーの偉いさん見た事ある人なら分かるかも知れない。

やったら高そうなスーツにポケットチーフとか入れて、カフスボタンつけて決め込んでる。

多分椅子に座ってるだけで何もしていない人。

高そうなスーツ着ても、見せる相手はスナックのママくらいだろ。

こういう建築技術の知識がない高給取りの偉いさんがいるわけよ。

各地方の支店に数名は配備されてんじゃない?

口開くとさぁ~、営業上がりの建築素人だってすぐ分かる。

ズレてんだよ、言ってる事が。

お客さんなんかの素人ウケがいいけど、玄人ウケしないのがいるの建設会社ってとこには。

 

大手ハウスメーカーって、建築素人の高給取りが多い。

そして、そういうのがいるハウスメーカーは技術者が少ない。

技術者が育たない環境が出来上がってしまうのよ。

こういうタイプのエリート気取りの人が原因で、そういう環境が出来上がってしまうんですよ。

 

この住宅メーカーさぁ~、まじでヤバいんだよ。

派遣のCADオペレーターに設計やらせようとしてたって。

要するにCADオペの時給で派遣契約して、設計業務を無理強いしていくって魂胆持ってたってよ。

ヤバイだろ…ここヤバイだろ。

無資格の派遣の姉ちゃんが、自分の家設計してくれてるかもよ。

 

オッサンがスーツ買う費用捻出するのに大変なのよ。

オッサンがポケットチーフ買う費用捻出するのに試行錯誤してるんだよ。

オッサンがカフスボタン買うのに…そのうち不正行為働きかねないかもな。

 

もうすぐ、このバブル入社時代のバカ社員達が退職していく時期が来る。

この人達建設業界では、かなりの人数いるんだよ。

この手の役立たずで金ばかりかかる社員の退職金捻出するのに奔走し始めるだろうな。

多分、ロクな事しない。

そのうちハウスメーカーなんかしでかすぞ。

バブル入社のハウスメーカーの社員がいるうちは、関わりたくない。

それはハウスメーカー全般に言える事。

無知で傲慢な社員が主導権や権力を振り回している間は、ハウスメーカーはハズレ時代と言っていい。

今が一番ハウスメーカーのハズレ時代

ハウスメーカの家は、色んな技術を施してある。

それなりに良い家だろうと思う。

でも、いくら家が強くても、そんなのは社員1人のいい加減でいくらでも滅茶苦茶に出来る。

 

すっごく強い家をやわらか地面に建てて、何か意味はある?

すっごく強い家を斜めに建てて、それでもその家は強いと言える?

すっごく強い家を建てて、雨漏りして柱が腐ってもまだ強いとでもおっしゃる?

 

これからハウスメーカーの家は、さらに高額になっていくと思う。

バブル入社のバカ社員のための退職金が必要だから。

雇用の延長でなおさら金がかかり続けるかもね。

ハウスメーカーハズレ時代に突入したのはバブル景気の時。

それが上層部を占めてる今は、大ハズレ時代。

さらに、この社員達が退職し始めると考えると…そんな家買わない方が賢明でしょう。

退職金分上乗せした価格になり始めると予想します。