住宅ローンの銀行の選び方

住宅ローンを組む銀行をどこにするか

住宅ローンをどこにするか色々とシュミレーションを利用したり、自分の取引銀行の担当に相談したりと事前にアクションを起こしている人がいると思います。

色々思案する前に、まずハウスメーカーに住宅ローンを組む際、指定の銀行がないか聞いて下さい。

住宅ローンを組む際に、銀行を指定してくるハウスメーカーが存在するのです。

そのため、それを確認せずに自分で計画を進めても、要らぬ労力となってしまう事があります。

 

地元工務店などの場合は、地元の銀行と提携している場合が多いと思います。

そのため、お客さんも何も支障なく住宅ローンの契約を済ませる人が多いのですが、大手ハウスメーカーなどは都市銀行と提携している場合が多いようで、拒む人もいるようです。

さほどこだわりが無ければそれでいいのですが、やはりそれは都合が悪いという人もいます。

住宅ローンの銀行を比較検討してもしょうがない

ハウスメーカーに提携銀行を勧められると、ほとんどの人がそれに従います。

一度は拒むのですが、結局言われるがままという状態。

これなぜかというと、自分が勝手に決めてきた銀行を使うのであれば、自分で手続きしてくださいと言われるから。

「他の銀行の事は一切分からないから、一切手助けできません」と言われるのです。

 

ほぼ、仕打ちです。

ややこしい手続きに戸惑っても知らん顔しますからねという事です。

会社から家に使う材料も使う銀行もココだと決められているのがハウスメーカーの営業マン。

自分の思い通りにならない、自分にとって面倒な事をいう客には、仕打ちのような行為を働く事があります。

自分の会社が推奨している機関を利用しない事を、上司から問い詰められたりするような事があるからでしょう。

自分が利用する銀行をまとめておきたい

お客さんの考えとしては、自分が日常利用している銀行にお金の出入りを全てまとめておきたいという考えもあると思います。

そのため、下調べで取引している銀行に住宅ローンの事を聞いたりと準備をしている人もいます。

こういった労力を無駄にしないために、住宅展示場に出向いた時は、その住宅メーカーが提携している住宅ローンの銀行を確認しておきましょう。

もし、提携銀行が自分の利用したい銀行ではない場合は、提携銀行でなくても手続きをしてくれるのかも確認しておきましょう。

 

こういった行為をしている営業マンを、たまたま私が見ただけなのかも知れませんが、確認しておくに越したことはありません。

ハウスメーカーは固定で提携している機関が存在している場合が多く、その提携会社を利用しない事に対して勝手な感情を出して来る事があります。

そもそもサラリーマンで何をしようが給料はしっかりもらえる立場の営業が、こんな事に自分の感情を出したところで自分の給料が変わるわけでもないのに、よく分からない感覚を押し付けるのがいるのです。

お客さんに対して従順な営業というのがいます。

それはお客さんに対して従順なのではなく、会社に対して従順であるがゆえお客さんにとって従順に見えるという事も覚えておきましょう。

利用する銀行が確定してからシュミレーションしてみる

自分が利用する銀行をハッキリさせてから、その銀行のサイトにあるシュミレーションで考慮したほうがいいのではないかと思います。

銀行の人に相談するにしても、その銀行が利用できると確定させてからの方がいいでしょう。

 

またハウスメーカーの推奨する銀行をとりあえず利用して、後で借り換えができるのでという説明を受けて、とりあえず一時的にその銀行を利用するというパターンもあるようです。

しかし、借り換えが出来なかったというような事態も招く恐れがあるようで、そういったクレームも来ることがあります。

そして銀行を後々変えれば済むだけの事と考えがちですが、借り換えには手数料がかかります。

ただ、銀行を乗り換えるという感覚で安易に決めてはいけないでしょう。

コメントを残す