住宅展示場って見るだけでも行ってもいいの?

住宅展示場を見てみたいけど…

住宅展示場は、「入りづらい…」という人が多い。

『ただ、見てみたいだけなんだけどなぁ』という人も結構いるようです。

また、既に家を建築中で、インテリアを選ぶ参考にしたいという人も。

でも、それはさすがに言い辛いですよね。

 

「まだ建てる予定はないです」といえば、案外すんなり見る事は出来ます。

説明なしで自由奔放に見たいの!という人も多いんですね。

気持ちは分かります。

ただ、そういうお客さんを煙たがるような会社もあるのは事実。

だから、入るのが気が引けてしまうんです。

住宅展示場を使っている事もある

住宅展示場は家を建築計画しているお客さんの打ち合わせに使っている場合もあります。

その場合、個人情報の書類などもあるため、自由に入るというような雰囲気ではない場合もあるのです。

これ、一番気まずい。

 

ただ見たいだけという時に、このような状況に鉢合わせしてしまうのは避けたいですね。

「行くんじゃなかった…」って事になってしまいます。

もちろん住宅展示場なので、入っちゃいけないわけじゃないんですが、微妙な空気が流れるんです。

一番おすすめな方法

自由奔放に見たいという人は、イベントが開催されている時に訪問しましょう。

他にもお客さんがたくさん来ているところを狙って、他のお客さんに紛れて見学するのが一番入りやすいと思います。

総合住宅展示場などであれば、訪問者は多いため紛れ込んで営業マンにつかまりにくい。

 

子供向けのイベントなどが開催されている時は、子供を連れて遊びがてら来る人が多いのです。

ついでに粗品などをゲットできるかも知れません。

 

新聞広告などで宣伝されているイベントであれば、人が集まりやすいので展示場にもすんなり入りやすい。

ただ、見たいだけという時や、家を建てる予定はあるけど、あまり構われたくないという時は、こういう方法で紛れ込んでみて下さい。

GWや連休などが、イベント開催されやすい狙い目の時です。

住宅展示場での注意

住宅展示場で時々ある事なのですが、モデルハウスのトイレを使用してしまう人がいます。

あれは、展示商品です。

使っては絶対にダメ!

浄化槽に繋がっていない場合も多く、使われてしまうと手で掃除しなくてはいけなくなります。

 

人が多く来るようなイベントの際に、いつの間にか使われてしまっていた。

こんな事があるのです。

小さなお子さんがトイレを見付けて入ってしまう事も多く、時々、なぜか大人も入ってしまいます。

イベントの際に、大勢の人が見に来ているにも関わらず、なぜか自分だけトイレに入って扉を閉めてやり始めるのです。

慌てて制止した事も、何度もあります。

あのトイレは「展示商品です!」

間違えないようにしましょう。

 

小ならまだしも大をしてしまう人もおり、後始末する時泣けてきます。

モデルハウスだけではなく、ショールームなどにも同じ被害報告はあります。

これが、意外と起こる事がある注意点です。

気を付けてください。