住宅火災に強いのは?木造・RC・鉄骨どれ?

公開日: : 家づくり計画 , ,

木造住宅は火災に弱いのか

木造住宅を販売する会社に勤務していた時、なぜかお客さんによく聞かれた質問。

『木造は火災に弱いですよね。』

なぜか木造だとよく聞かれます。

多分、デメリットをあえて尋ねてみる事で、正直に答えるかどうかという会社の誠実さを試しているのかもしれません。

そのためか『いいえ』というと、お客さんは驚いた表情を見せてくれます。

 

地域の優良工務店が探せる【ハウジングバザール】

じゃあ、木造住宅は火災に強いのか

木造住宅は火災に弱くないという事は、強いとでもいうのかというと、

その答えも『いいえ』。

こう答えるとお客さんは『????』となり、『何言ってんだ、コイツ…』と、ちょっとキレます。

 

どういう事かというと、火災で家の骨組みである躯体部分が燃えるという事は、もうすでに家は全焼しているのです。

壁も床も燃えて崩れてから躯体が燃え始めます。当然、衣類や家電、家具も燃えてしまってありません。

そんな状態にまでなって、木造とRC(鉄筋コンクリート)と鉄骨の強度の試験などしても意味がないのです。

要するに、もう既に家は使用できなくなってしまっているのに、強さなんか指し図ってもしょうがない。

そこまで燃えたら『諦めろ』という事。

 

木造・RC・鉄骨の特性

木が燃えるのは誰しも分かりますね。当然、燃えます。

全焼した木造の家が崩れ落ちているのもテレビなどで見た事があると思います。

ただ、新築の建てて間もない家というのは、意外と崩れ落ちてなかったりします。

なぜなら、材木に含まれる水分が多いから。案外燃えて炭化してもそのまま建っていたりします。

 

RC(鉄筋コンクリート)は燃えないと思っている人は多いかも知れません。

確かに燃える素材ではないため、見た目はそのままです。しかし、高温にさらされ続けるとコンクリートというのは急激に強度を失います。

中に入っている鉄筋も高温にさらされ柔らかくなってしまいます。

一定の温度に達してしまうと、コンクリートはモロモロ、鉄筋はクニャクニャになり強度は無くなり元に戻る事もありません。

 

鉄骨は高温になると、曲がります。柔らかくなり、いきなりグニャリと水あめのように曲がり家が崩れます。

しかし、これも相当な時間燃えてからの現象になるので、すぐに曲がるわけではありません。

 

火災から人が逃げるまでの時間はどの構造物も形状は維持できます。

崩れたり曲がったりしている時には、中に人がいたとしても燃えているか煙に巻かれて命はありません。

人の命がある間は形状を留めるだけの耐力は木造もRCも鉄骨も持っています。

 

ボヤ程度ならリフォーム出来る

ボヤ程度の火災に見舞われた場合はリフォームすれば大丈夫なようです。

燃え方にもよりますが、内装や家具が燃えただけの家は大抵リフォームで修復を済ませているようです。

大切な家財道具を失ってしまっているので、家の修復も出来るだけ簡略的な修復で済ませているようで、外壁はススが付いたままの家もありますね。



防火性能は?

外壁などに防火性能が高いものがあります。

確かに防火性能は高いので使用するに越した事はないでしょう。

 

ただ、実際に火災現場を目撃した時感じたのは、外壁が防火性能が高くても隣家の炎は窓から引火していました。

窓ガラスが高温で割れ、室内がすでに高温になっているため徐々に引火するわけではなく一瞬に部屋中が真っ赤になっていました。

窓がある以上、外壁を防火仕様にしても燃える時は燃えるのです。

 

そしてこれまたすごいのが消防の放水の勢い。

家が燃えて弱くなっているせいか、放水の勢いで家が破壊されます。

炎は上に上がるため屋根はもろくなってしまっているのでしょう。屋根に放水による穴が開いていたりします。

これは火事に見舞われた人にしか分からないかも知れませんが、助けに来てくれた消防士の放つ火を消すための水に家を破壊されるというやるせない状況が生まれます。

こういった事も覚えておくとよいでしょう。

 

日頃からの火の用心

自宅から火の手が上がると、自分の家の心配だけでは済まされません。

自宅が目の前でメラメラと燃え、助けに来た消防の放水で家を破壊され、それよりももっと精神的にキツイのは自分の火の不始末で隣家を燃やしてしまう事です。

自分の家を建て直す事よりも、まずやらないといけないのはあなたに燃やされてしまった隣家の修復です。

保険で対応できたとしても、完璧に元に戻す事はできません。申し訳なさはずっと引きずりますよ。

日頃から火の用心を心がけてください。



スポンサーリンク

関連記事

木の家

木の家に持つ内装や素材へのイメージ

『木の家』というコンセプト 『木のぬくもり』とか『木の香り』など『木』を前面に押し出す住宅会社があ

記事を読む

no image

理想の家の条件「自分達に必要な家を作る」

理想の家の条件 家を建てるとなった時、『理想の家』を現実にしたいという風に誰もが考えます。

記事を読む

no image

住宅ローンの銀行の選び方

住宅ローンを組む銀行をどこにするか 住宅ローンをどこにするか色々とシュミレーションを利用したり、自

記事を読む

no image

ハウスメーカーの売上げランキングの見かた

ハウスメーカーの売上げランキング ハウスメーカーの売上げランキングを、そのままそのハウスメーカーが

記事を読む

no image

集成材の強度「接着剤の寿命は何年か」

集成材とは 集成材というのは、小さい木材を接着剤で接合した材料の事。 接合する事で、大きな材

記事を読む

no image

一級建築士と二級建築士の違い

建築士を選ぶ人 木造の家を買いにきたお客さんで、二級建築士が担当したのが気に入らないからと、一級建

記事を読む

no image

理想を追い求めるという事「被災時、家を買う時の注意」

理想を追い求める自分がいる事に気付く 地震や災害が多くなって、自宅が被災してしまったという人が多い

記事を読む

揺れ疲れ

『揺れ疲れ』地震の後の症状

揺れ疲れとは 『揺れ疲れ』 今回、熊本地震でよく聞くようになりました。 大きな地震が来

記事を読む

no image

東西南北の方角の見方って考えようによっちゃ難しい

東西南北 家を新築するとなると東西南北という方角を考慮する事が大事になってくる。 この東西南

記事を読む

キッチン

お料理を頑張るという約束で高価なシステムキッチンをねだる

キッチンのグレードを上げてもお料理のグレードは上がらない 『お料理を頑張るからキッチンはこれがいい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

スポンサーリンク

no image
過去に起こった地震と家の関係

大規模地震での家の被害 『地震に強い家』っていうフレーズ。 今

no image
この住宅メーカーヤバイやろ

この住宅メーカーのどこがいいのか… なんでここで家を買うのか分かんね

no image
オリンピック競技場の建設を何故ゼネコンは引き受けたのか?

オリンピック新国立競技場建設 オリンピックの新国立競技場の建設に関わ

no image
バリアフリーな家づくり

バリアフリーの本当の意味 『バリアフリー』と言うと、「段差がない」と

no image
自慢したくなる家

自慢したくなる家を欲しがる人 自慢したくなるような家というと、自分た

→もっと見る

PAGE TOP ↑