仮設住宅の問題点とかその後の事

公開日: : 未分類

被災地の仮設住宅

東日本大震災の後だったかなぁ。

どこかで手にした雑誌にダイワハウスの会長だったかが、被災地に送った自社の仮設住宅をボロクソ言われて凹んでるような記事を見付けた事があった。

仮設住宅をボロクソ言われた挙句に、ダイワハウスの戸建て住宅も悪いみたいな憶測が立ってたようだ。

 

ん~、仮設住宅と戸建て住宅は作りが全く違うぞ。

仮設住宅は、組み立てられる事を前提とした住宅。

そして、仮設住宅はダイワハウスじゃなくて、ダイワリースのような気もする。

 

確かにネットを検索すると、東日本大震災の仮設住宅がボロカス書かれたブログがあった。

気候が厳しいから、仮設は住みづらいのだろう。

作りも悪いという内容も多い。

仮設住宅を作る人

仮設住宅は、ダイワハウスグループの社員さんだけが作っているわけではないんです。

建設関係の組合などが、組合員1人ずつに「被災地に行ってもらえませんか」と声をかけて全国から集めてきた人達です。

色んな業者の方で、被災地に行く事が出来る人が行ってます。

自分で工具や道具を積み込んで、車で被災地に行くわけです。

とにかく早く作らなきゃいけないから。

 

今回の熊本地震でも、建築関係の組合から募集されていたそうですが、今回は募集の仕方が変わりました。

地元の人や近隣県を中心に募集をかけたそうです。

地元にお金を落とすという方向にしたのだと思います。

地震が来ると建設業界が揶揄される

地震がくると建設業界は『震災フィーバー』と揶揄されます。

 

仮設住宅を作りに被災地に向かった人が儲かっているのかというと、儲かりませんから。

ガソリン代・宿泊費・外食費なんかで、費用が掛かり過ぎて実は足りない。

それでも、行ってくれる人がいるわけです。

 

また、建築材料なんかを作ったり販売したりする業者は、注文が殺到します。

儲かっているのかというと、儲かっている事は儲かっているのかも知れないが微妙。

通常の取引先の注文を断って被災地を優先させています。

震災がくると、建設業界は材料が手に入らなくなる事もある。

あまりボロクソ言っちゃいかん

仮設住宅の不具合とかは、申し出たら直してくれるんじゃないのかな。

意見を言うのはいいんですよ、改善につながるから。

でも、感情的にボロクソ言うのはいけないな。

このブログの事

実はこのブログはロクに検索されていない、誰にも読まれていないブログだったのです。

だから、好き勝手書いてる状態だったの。

熊本地震が来た時、急激に検索数が増えてビックリした。

検索されてたのはこの記事。

家からラップ音⇒

 

家からミシミシ音がするという内容。

急激に増えた検索数を見て「熊本だ!」と思ったわけです。

「反応しなくては」とか思って記事を足していった次第です。

ゴリゴリのプロフェッショナルではないので、もしかしたら内容がツッコミどころ満載かも知れません。

スポンサーリンク

関連記事

no image

家電・家具をレンタルリースできる『被災した時借りられる』

自然災害で家財道具が使えなくなる 災害に遭ってしまうと、家具も家電もダメになってしまいます。

記事を読む

no image

家の相続「生前に資産整理してしまう」

家の相続 自宅の相続を考え始めた人もいるかと思います。 TV番組で紹介されていたハウスリース

記事を読む

スポンサーリンク

Message

スポンサーリンク

no image
新築の家に引っ越しして地縛霊に悩まされた…その原因とは

新築の家に地縛霊が… 新築の某有名メーカーが展開する建て売り住宅を購

no image
新築のフローリングの色選びで後悔しないためには

新築のフローリングは何色がいい? 最近はフローリングにこだわりのある

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s
乾燥肌の原因が家や住む環境なんて事も…

突然、乾燥肌に 今まで、こんなに酷い肌の乾燥は無かったのに…。

no image
過去に起こった地震と家の関係

大規模地震での家の被害 『地震に強い家』っていうフレーズ。 今

no image
この住宅メーカーヤバイやろ

この住宅メーカーのどこがいいのか… なんでここで家を買うのか分かんね

→もっと見る

PAGE TOP ↑