いくら地震に強い家でも欠陥住宅じゃ意味がない

地震に強い家なんだけどね

地震に強いというので有名なハウスメーカーがある。

それは阪神大震災の時に、既に立証されている構造だったりするのだが、さぁ、このハウスメーカーをおススメ出来るかと言うと、それは出来なかったりする。

だから、ハウスメーカーの名前はココでは出しません。

気になるのであればネットで阪神大震災の時の事を調べれば、なんとなくどこのメーカーかは分かるはずです。

 

そのハウスメーカーは家の構造が地震に確かに強いのだ。

物理的に、相当な地震に耐えられるんじゃないかとも思う。あくまでも、私の考えの上でだけど。

でも、おススメできないという、残念なハウスメーカーだったりする。

施工が悪すぎるのだ。

地震以前に、普段の生活に支障をきたすような家を作ってしまうのだ。

いわゆる欠陥住宅だったりする

そのハウスメーカーで家を買っても、まともに建つかまともじゃない家を買わされるか分かんないという賭けに出るハメになってしまう。

これは、地震に強いという特殊な構造が原因の一つでもある。

間取りで融通が利かない部分があり、それをお客さん自身がごり押しで自分の希望を通してしまったり、またお客さんはそんな事を押し通す気はないにも関わらず、営業が勝手にそれを無理強いしてしまったりというのが、おかしな事が起こる現状だったりする。

 

また、その特殊過ぎる構造が災いして、プロと呼べるような人がいない。

設計はプロじゃないの?と思うかも知れない。

建築を学んで経験していても、その会社の家の構造は全く別物。

しかも、設計が辞めてしまったら、代わりがいないという状態。

分からないまま、とりあえずやってますという状態なのだ。

社員教育はしていないのか

マニュアルだけ、社員に投げつけて終わり。

これが、このメーカーのやり方だった。

研修とやらにも行った事はあるが、研修とは言い難いものだった。

研修を担当している社員が、技術面で精通した人物ではないらしく、自分の分からない事を聞かれるとキレる。

分からない事は何一つ解決しないまま、キレ逃げという始末。

 

ハウスメーカーの社員というのは、地域差も大きいため、いいと言われているメーカーが自分の地元もいいかと言うと、そこが非常に謎なのだ。

地方営業所でとにかく酷いという地域はあるのだ。

なぜ、その地域だけ酷いのかというと、人材が悪いという事ですね。

 

素人だらけで、何も知らないような人間を採用してしまっているところも多いし、メーカーによってはシェアの少ない営業所は左遷に使っているような気がする。

ダメな人間を固めている地域が存在するのだ。

その地域はたいして家を売れないから、うちの会社のゴミ人材を置いておきましょう、みたいな。

だから、人口の少ない地方は、メーカーの営業所は人材が危ない可能性もあるという事。

出来る社員はシェアの多い首都圏に置いておく方が効率がいいでしょ。

地震に強い家

地震に強い家というのは、地震に強く作っているがゆえに不利な部分もある。

間取りが思い通りにならなかったり、作りが特殊であるが故の難点があるのだ。

家につなぎ目があったりして、つなぎ目が劣化すると雨漏りが発生するとか、軽量化してあるがゆえに屋根が薄っぺらくて、夏に熱くて冬に寒いとか…。

その辺をカバーするような仕組みも色々取り入れてはいるようだが、結局住んでみなくては分からないというのが真実だと思う。

メーカーの社員は自信満々にその商品を説明するだろうが、彼らは住んだことがなくてもそれができる性質なだけ。

 

自分が売ってる商品知らない社員がほとんど。

自分が住んだにしても、新しい家が発売されるたびに、それを購入する人もいないから。

知らないのよ、誰も。

 

住めないなんて家は渡されないけど、稀に住めない家を買わされてしまうのだ。

地震が来ても壊れない家なのに、地震も来ていないのに、朝起きたら壁がないなんてドリフみたいな事が起こる。

相当、まれな事態だとは思うのだが、社員達の仕事の仕方を見ていると、起こるべくして起こしているから怖いのだ。

 

営業に一番問題があるのだが、自分の歩合給ばかり気にしているため、不都合な事も全て無理矢理やろうとしてしまう。

これは、どこのメーカーでも同じなのだが、都合の悪い事があると、それを顧客に言わずに隠して売りつけようという方向に走る者が多い。

売れないと怒鳴られるとか、給料が少なくなるため、嘘をついてまでも必死になるのだ。

そもそも、建築の知識や、自社の製品の知識が未熟な者がほとんどのため、顔だけ熟練というのが営業マン。

ホント言うと、こいつらは無視した方が、まともな家ができる。

設計不良・施工不良

設計不良や施工不良というのは、関わる社員が1人でもダメなのがいると起こる可能性が高い。

営業がおかしな事をすると、それがそのまま構造を捻じ曲げてしまうし、施工で不具合が出た時、それに対処できない現場監督も多い。

都合が悪い事を押し通したり、逃げてしまう社員がいると、家はダメになってしまうのだ。

 

メーカーと言うのは、関わる社員が多いため、誰かのせいにして逃げるクセを持つ社員がとにかく多い。

逃げる体制を作りだしているようなメーカーもある。

出世競争みたいな事をしているメーカーは、自分がミスをすると昇進に響くため、実働に関わらずに非正規や下請けに仕事を丸投げしてしまう。

何のために正規社員は居るのだろう?という社員構成のメーカーは存在する。

しかも出世競争をしているのが、建築が学歴も経歴もないような社員たち。

その会社しか知らず、その会社の取り扱う商品にもイマイチという社員が偉いさんになっていくのがハウスメーカー。

 

大手メーカーなんかは、雇われ社長が多い。

要するに社員が社長になっていくわけ。

学歴が建築からかけ離れたような人材が座り込んでるから。

あぁ…、営業上がりが出世したんだなぁ…って。

こういうのが上に立ってるメーカーは、技術面が理解できないから、やり方がヤバイってすぐ分かる。

 

系列会社から、流れて来てるようなのもいるな。

建築全く関係ないのを連れて来ても、使えないだろう、普通に考えて。

置物の偉いさんがいるメーカーは、ほぼダメだと言えるでしょう。

というか、言い切っていいでしょう。

あるハウスメーカーの役員を見てみたけど、いらんオッサンばっかり何人おるねん状態だな。

コメントを残す