一級建築士と二級建築士の違い

建築士を選ぶ人

木造の家を買いにきたお客さんで、二級建築士が担当したのが気に入らないからと、一級建築士に変更してくれという人が稀にいます。

これ、何の意味もありません。

木造一般住宅なら二級建築士で十分なのです。

一級建築士だから、良く出来るなんて事は、まずない。

 

というか、木造の住宅で一級建築士なんか必要ない。

ビルや大型施設を構築するのに必要なのが、一級建築士。

建物の作りが全く違うの。

 

一級建築士を持った木造居宅専門の仕事をしている人が、ビルの設計できるかと言うと、出来ないんじゃないの。

やった事ないんだから。

設計事務所勤務なんかだと、住宅からビルまで幅広く手掛けるから、出来る可能性はあるけど。

ほとんどの人が自分の専門とした分野に特化した仕事だけをしている人が多い。

一級建築士を揃えてる会社

一級建築士を揃えている会社というのもあります。

建築を目指してきた人は、二級を取ったら次は一級を取る可能性が高いから。

でも、会社によったら、PRとして一級建築士にこだわっているところもある。

 

木造一般住宅の仕事しかやらないのに、「一級建築士揃えてます」

超・意味ねぇ!

これ、ただのパフォーマンスです。

 

木造住宅しかした事ないのに、一級建築士なんか持ってても、ペーパーライセンスだわ。

一級建築士だから、出来が良いわけじゃない。

二級建築士だから、出来が悪いわけじゃない。

本人の能力と経験が実力だ思った方がいい。

建築でもジャンルが違う

昔こんな話を聞いたことがある。

宮大工に家を建ててもらおうとしたら、出来ないやり方が分からないと断られたという。

素人さんは宮大工は、優秀な職人だと思ってますよね。

神社仏閣の特殊な建物を作っていますから。

 

でも、特殊な作りで自分が家を作るのであれば、宮大工さん引き受けてくれたでしょう。

それを、普通の仕様の家をやらせようとしたわけ。

どないせぇっちゅうねん。

というか、なんでこっちに頼んで来るわけって思うでしょ。

筋違いなのですよ。

 

優れていると言われている人は、何でも出来ると素人さんは考えがち。

じゃあ、宮大工にビルを作らせますか?

その宮大工が一級建築士を持っていなければ、能力がないと捉えますか?

 

こんな例もあります。

ゼネコンに自宅を依頼しようとする人もいます。

ゼネコンと言うのは、マンションや大型施設を作っている所です。

場合によっては、依頼を受けてくれる所もあるようですが、引き受けない所もあります。

引き受けないのに、しつこく依頼をしてきた人は、クレーマー気質の人だったそうです。

『完璧じゃなきゃいけないから、有名な大きな建設会社』という判断でそこにこだわっていたそうです。

木造の自宅をビルを作っている会社に頼むのは、不思議ちゃんです。

より良いという思い込み

二級建築士より、一級建築士。

大工より、宮大工。

ハウスメーカーより、ゼネコン。

 

より良いという判断のもと、判断ミスを犯しているわけです。

自分は選んでいるつもりかも知れません。

 

判断、間違えているから。

意味分かんないから。

木造一般住宅を頼むのに、一級建築士なんかいらないから。

コメントを残す