工務店の探し方「地元密着型の工務店に依頼する場合」

工務店って探すのが難しい

家を建てようと考えた時、ほとんどの人が総合住宅展示場などを見に行くと思います。

地元の工務店などは、展示場などの窓口になるようなものを設けていない場合が多いので、どうやって出会うのか分からないようです。

地元の工務店は、口コミや家のそばにあるから自宅の建築を依頼したという人が多いのかも知れません。

視野を広げた方がいいでしょう。

 

ハウスメーカーに家を買いに来た人に、地元工務店に依頼した方がいいと思うような人も多いのです。

理由をいくつか挙げてみましょう。

  • 工務店の方が安い
  • お任せしたい

工務店の方が安い

同レベルの家を建てたなら、工務店の方が安くなります。

ハウスメーカーというのは、接客用の社員を多く用意したり、展示場やパンフレットやCMなどに宣伝費を多く費やしています。

安く買えるわけがない条件がそろい踏み。

価値あるものだとか質のいい物だとか、そういう風に説明されてそう思い込んでしまう。

人件費と宣伝費で高いのを理解しないと、高い物を買うのが難しい人は、後で支払いに追い詰められてしまいます。

 

お金を持っていて、接客対応にうるさい人ならハウスメーカーに行けばいいんです。

しかし、そうじゃない人も多い。

見てると可哀想になってくるような人もいるのです。

多分、家を建築する時に、有名メーカーの名前や総合住宅展示場という選択肢しか知らなかったのだと思います。

 

見積書を見てビックリして、事ある毎に金銭面で泣きそうになっている人もいます。

やっと家を購入する事にしたという時、無理をしないといけないという状況になってしまっている人が多いのです。

どうにかして買おうと、家自体を小さく小さくする人もいます。

家族が多いのに、家を小さくしてどうにか買おうとしているのです。

選択肢を広げると、メーカーほど無理をしなくてもいいはずです。

坪単価にすると数十万違いが出る事もあります。

お任せしたい

「家はプロの人にお任せしたい」

こういう風に言って、間取りの変更も少なく、ほとんど任せっきりという人がいます。

 

こういう人って、すごく工務店向きに思えます。

なぜかと言うと、ハウスメーカーは接客要員を揃えているところだから。

「お客様の要望にお応えします」というのが営業マン。

「ご希望の間取り変更を御申しつけくださいませ」と言うのが設計士。

用意するのに一番金のかかるメーカーの社員をほとんど利用していない。

もったいない…というか金捨ててるようなもん。

 

いっぱいいる営業マンや接客対応に関わる社員、設計士も大量にいるのがハウスメーカー。

手間がかかる人に手間をかける事が、ハウスメーカーの売りなのだ。

他に売りになるような事は、ハウスメーカーにはない。

ハウスメーカーって、家を作る所じゃなくて受注するところだから。

 

お任せという人は、仕事が忙しい人や、細々した事が面倒という人だったりする。

何かにつけて、報告の電話を入れてくるようなハウスメーカーは、お客さんに対して丁寧なのかも知れないが、忙しかったり面倒な人からすると、鬱陶しいというのが現実。

余計なお金を払った挙句に、どうでもいい事にまで丁寧で鬱陶しいのはどうなの?って感じですね。

鬱陶し過ぎて「任せてあるんだから、いちいち報告して来ないで」なんて言う人もいます。

工務店の探し方

工務店も色々あって、総合住宅展示場にモデルハウスを用意しているような工務店もあります。

また、ちょっと分かりにくいような場所に、モデルハウスを持っているような工務店もあります。

ある程度、宣伝をして存在を知られているような工務店もあるのですが、全く存在が知られていないような工務店も結構あるのです。

 

工務店を探せるようなサイトもあるのですが、なかなか全部は検索できないようです。

さあ、どうやって探し出すか。

これ私なりの探す方法なので、あくまで参考までにという探し方です。

  1. タウンページで探す
  2. ホームページをチェック
  3. 会社の前を通って見る

タウンページで探す

タウンページの「建設業(建築工事)」という項目で探します。

建設業も土木や設備など、種類が多いため「建築工事」というのが家を建ててくれる建設会社や工務店になります。

また、市町村別の電話帳テレパルなどを開くと、宣伝広告付きで建設業者が特集されている場合もあります。

その広告に「新築・リフォームお任せください」とか書いてあれば、一般住宅を引き受けているという事。

電話帳は「住まい・暮らし」に関する事は、特別ページで広告が付いているので、そういうページをチェックしてみましょう。

ホームページでチェック

タウンページやテレパルなどの電話帳で探し出した工務店を、パソコンやスマホで検索してみましょう。

一般住宅を扱っている工務店や建設会社は、ホームページを開設しているところが多いです。

展示場を設けていないような工務店は、実際に自社が建築した家の写真をたくさん掲載していたりします。

 

工務店は特色の強い家を建てているところもあるため、どんな家を作っているのかホームページでまず見てみましょう。

恐ろしいほど手間とお金をかけたような家を作ってる工務店もあるので、各会社の建築実例で雰囲気だけはつかんでおきましょう。

もし展示場を持っている工務店なら、展示場の場所もホームページに載っています。

会社の前を通ってみる

会社の前を通って見ると、何気に看板があったりします。

看板を見ると、一般住宅をやってますよと宣伝していたりする。

 

図面作成依頼をする場合は、多分まず電話でお願いするようになると思います。

展示場があれば、そこが窓口の取っ掛かりになってくれますが、無い場合は電話番号しかないところがほとんどです。

工務店に家を依頼する時の注意点

工務店は目安がない所もあるかも知れません。

いわゆる坪単価が設定されていない所もあるのです。

これ、なぜかというと自由が利きすぎるから。

基準となる仕様がないのです。

 

自分の夢見心地な希望ばかりを伝えてしまい、恐ろしく高い見積もりになり「高い!」と怒ってキャンセルする人もいるようです。

そしてハウスメーカーに乗り換えて、自分の希望が丸きり取り入れていない家を買って納得している人がいる。

金銭的に安くしたいなら希望は「できるだけ安く」と伝えなくてはいけません。

ある程度の予算を伝えるのも大事かなと。

 

自宅近くの工務店の場合、建築実例が自宅のすぐそばにたくさんある事も多いです。

実際、外観だけですが見る事が出来るので、教えてもらうと実物がたくさん見られる事もあります。