間取り変更はいつまでできるのか

公開日: : 間取り

間取り変更はいつまでできるの?

契約後も間取り変更に応じますという会社もあれば、契約後は間取り変更できませんという会社もあります。

間取り変更に応じてくれる会社は、契約のタイミングが早い会社です。

全てを納得してもらってから契約をする会社は、契約を済ませると材料の発注をすぐに掛けるので、間取りは変更するのは難しいと思います。

 

一見、変更に応じてくれる建設会社を親切だと受け取りがちですが、契約書に先に判を押させたというだけの事。

契約後は変更に応じないという会社の方が、キチンと納得してもらうまで契約書は出さないという、ある意味一番お客さんの意志を優先させてくれている会社です。

「とりあえず、契約書に判だけちょうだい」なんて図々しいマネをしていないという事です。

契約後に変更はできないと言われたら

「契約後に変更は出来ませんよ」と言われたら、それはしない事です。

それに対して不服があるのであれば、契約も家の完成時期もずらすべき。

納得してから契約を結ぼうとしている会社に対して、『とりあえず契約書だけ片付けて後から変更しよう』なんて考えちゃいけないんです。

契約に慎重な会社に、軽々しく変更をかけるとパニックが起こるから。

 

材料を発注すると、工事に間に合わせるためにすぐに加工に取り掛かる下請け業者もあります。

契約後に発注が掛かると、その家を建てるために迅速に動きます。

現場を見ているとゆっくりしたペースでできているような感覚になるかも知れませんが、下請け業者の製造現場では必要な材料を注文したり加工したりと必死に作っているのです。

軽々しいキャンセルが掛かると、大ごとパニックになる事が多々あります。

 

また、現場が進行している時に思い付きで、変更や追加をかけて失敗してしまう人もいます。

現場にいる職人さんに直接申し出てしまう。

職人さんは図面しか手がかりがありません。

その図面を作成するときに、車を入れるスペースがギリギリだったなんて課程は知らない。

お客さんが思い付きで、窓の下にコンクリートステップを作らせてしまって、車が入らなくなってしまったなんて事もあるのです。

こういう時、設計に確認を取らなくてはいけないと思うかも知れませんが、生コン車を手配する寸前に言われるという悪いタイミングでそういう事が起こると、結果として最悪な状態を招く事もあるのです。

現場が動き始めたら変更はしない方がいい

現場が動き始めたら、変更するのは控えた方がいいと思います。

基本的には「変更はできない」と考えておくべき。

間取りだけじゃなくて、住宅設備や窓などタイミングによっては変更が利くものもあります。

 

変更ができるという認識を持ってしまうと、変更を繰り返す人が多く発生して、現場に混乱が生じます。

混乱するという事は、失敗する可能性を高めてしまうと思った方がいいでしょう。

「勝手に変更しない」

これは家族全員に念を押しておくべき。

間取り決めや家を建てる計画に参加していなかった家族が、現場で自分の意見を言い始めるという事もあります。

お客さんの家族に言われると、それはお客さんの意見になってしまうのです。

自分の知らない所で家族が勝手に口出ししていたなんて事もよくある話。

 

どうしても変更したいという時は、変更が可能かどうかをまず確認しなくてはいけません。

変更できるのであればしてもらえばいいですし、出来ないと言われた時は引き下がらなくてはいけません。

変更できない理由

住宅設備などは、既製品を購入したという感覚だと思います。

既に製造されているものを、どこかの倉庫から運んできていると考えている人が多いようです。

現場監督ですら、そういう感覚の人がいるんです。

 

発注をかけると、それに必要な材料を手配して作っているのです。

ほとんどのものが、自分の知らないどこかで作られているわけです。

変更されてしまうと、作っている最中のものは使えず、再び作るにも時間がないという状態になってしまいます。

 

既製品と言ってもお洋服のように、出来上がっているものが並べられている状態ではないという事。

既製品のようですが、製作している課程はオーダーメイドと同じ状態。

既成なのはデザインが既成というだけ。

既成のデザインを、オーダーメイドで作っていると考えてください。

 

「変更ぐらいできるだろう!」なんて強い口調で言う人もいるのですが、やはりどこかから運ばれているだけだと考えているのでしょう。

変更すればいいやという考えなら契約はしない事

変更すればいいやと考えているなら、契約はしない事です。

あとでどうにでもなると思っているのであれば、現場で家を作り始めるのは止めておく事です。

まだ、決めかねているような状態で、自分勝手に現場だけ進行させるのは建築主として無責任な行為ですよ。

一番権限を持っているのは建設会社ではなく、建築主。

その一番決定権を持った人が、適当に進めてしまってはいけません。

スポンサーリンク

関連記事

no image

間取り変更は何回までしてもらえるのか

間取りの変更は何度もしていいのか 基本的に間取りの変更は何度やっても構いません。 回数ではな

記事を読む

リビング吹き抜け

リビングを吹き抜けにしたらそりゃ寒いでしょう

リビングに吹き抜けを作るとデメリットだらけ 吹き抜けに憧れている方は多いです。家を建てる方の半数以

記事を読む

no image

新築する時、窓の配置って大事です

新築プランの窓の配置 大きな窓が付いた家は、明るくていい家だと思い込んでしまっている人が多いよう。

記事を読む

no image

ウッドデッキの必要性「ホントに必要?」

ウッドデッキは必要か? ウッドデッキの使用目的って何ですか? 最近、ウッドデッキをつける家が

記事を読む

no image

ロフトの失敗例「ロフトをつけたらこうなった」

ロフトは失敗しやすい ロフトを展示場に設けた会社では、建築依頼をしてくるお客さんにロフトをつける人

記事を読む

工務店とハウスメーカー

間取りプラン・デザインの著作権

住宅メーカー複数社での価格の比較 一番安い建設会社を選びたい。賢い買い方で家を購入したい。

記事を読む

no image

死に部屋を作っちゃう人

死に部屋とは? 『死に部屋』 オカルト的な言葉ではあるが、オカルトは一切関係ない。 ネ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
過去に起こった地震と家の関係

大規模地震での家の被害 『地震に強い家』っていうフレーズ。 今

no image
この住宅メーカーヤバイやろ

この住宅メーカーのどこがいいのか… なんでここで家を買うのか分かんね

no image
オリンピック競技場の建設を何故ゼネコンは引き受けたのか?

オリンピック新国立競技場建設 オリンピックの新国立競技場の建設に関わ

no image
バリアフリーな家づくり

バリアフリーの本当の意味 『バリアフリー』と言うと、「段差がない」と

no image
自慢したくなる家

自慢したくなる家を欲しがる人 自慢したくなるような家というと、自分た

→もっと見る

PAGE TOP ↑