ハウスメーカーのメリット

大手ハウスメーカーで家を建てるメリットとは

大手ハウスメーカーを選んで家を建てるという人に聞くと、こう言う人が多い。

「大きい会社はなくならないから」

家を建ててから会社がドロン★という心配がない。

これが大手ハウスメーカーをあえて選ぶお客さんが、そのメーカーで家を建てる理由です。

家を建てると何十年とその家に住むため、自分達がその家に住む間会社が無くならずにいて欲しいという事。

大手企業は無くならないか?

『大手企業はなくならない』

日本には大手企業はなくならないという神話があります。

でも、なくなりますよね。

会社というのは無くなる時は無くなります。

 

今のご時世、大手家電メーカーや自動車産業までもが、経営が困難になってきています。

「大手企業はなくならない」なんて神話は崩壊していると言っていいでしょう。

そして、その神話はあくまでもただの都市伝説のようなものです。

大手ハウスメーカーもたぶんなくなる

他業種の倒産や閉鎖が続いているという事は、その会社で働いていた人たちが収入を失ったという状態。

再就職をしたとしても、賃金は低くなる場合が多いでしょう。

ハウスメーカーの消費者であるお客さんは、そういった一般の方々です。

当然、日本の景気が効果すれば、ハウスメーカーはモロに影響を受けるでしょう。

 

単刀直入に言ってしまえば、大手ハウスメーカーも消えていくだろうと思います。

日本の経済状態が上向きにならない限り、それは免れないと考えるのが妥当。

ハウスメーカーはバブルの産物

ハウスメーカーはバブル時代に、会社を急激に大きくしたりと波に乗って来た業種です。

バブル時代に全国展開していったメーカーもたくさんあります。

全国展開してしまうと、やはりそれを経済状態が悪い時に維持し続けるのは難しいでしょう。

 

建築業界でマンションなどを手掛けていた企業は、次々に倒産して消えていきました。

小さな建設業者も、相当数消えています。

一戸建てを扱う企業だけが生き残れるなんて思えない。

 

バブルが崩壊した後にもハウスメーカーは相当増えています。

飽和状態なのです。

ハウスメーカーが多すぎる。

なくなるのは必至と考えていいだろう。

ハウスメーカーもすでに必死になってる

ハウスメーカーというと、新築しかやらないというスタンスを保ってきました。

リフォームを依頼すると、無視するなんてのが当たり前の姿勢だったのです。

「建てたらもう知らない」

こんないい加減な姿勢で商売していたわけ。

だから「大手企業は無くならない」なんて神話を信じて家を買っても、アフターフォローなんか本当は無かったわけよ。

「そんな仕事はうちのやる仕事じゃない。どこかの小さい工務店にでも頼め」

本当にお客さんに対してこんな事言ってたの。

 

そんな大手ハウスメーカーが、リフォームまで手掛け出した。

これ理由は、新築が売れないから。

「アフターフォロー万全体制です」ってお客さんにとって安心感のあるようなフレーズに聞こえるかもしれないが、今までアフターフォローは受け付けてなかったってだけの事。

今まで建てた後は無視して来たけど、これからはアフターやります。

こういう事だ。

 

アフターフォローの謳い文句を売り文句にしているハウスメーカーは、新築の仕事が取れない会社なのだよ。

いくらネームバリューのあるハウスメーカーでも、現実としては地元工務店より販売棟数は少ない。

消費者もバカではないから、値段ばかり高い家を買うほどお人好しじゃないんでしょう。

ハウスメーカーの内情

ハウスメーカーの社員というのは、とにかく気位が高い。

景気が低迷した今も、プライドが先に立って動けない。

自分達のやらなければいけない仕事を、非正規社員に押し付けて偉そうに事務所でくつろいでいるという状態。

 

しかも一番最近みたハウスメーカーなんかは、社員が経費を私的流用する始末。

サラリーマンとしてかなり低レベルな人間が揃っているのだよ。

1日中携帯電話で自社の社員とおしゃべりしたり、仕事を押し付けた非正規社員の嫌味ばかりを言っている。

これが彼らの仕事らしい…。

高給取りの彼らは勘違いが甚だしいんだ。

家の値段が高いのは、このアホな社員達が原因だよ。

ハウスメーカーで家を買うって事は、アホな社員達に金をくれてやってるって事だ。

ハウスメーカーのノウハウ

元々ハウスメーカーが事業を展開して来たのは、ハウスメーカー独自のノウハウがあったから。

  • 接客
  • 展示場

元々建設業は接客という概念が無かった。

技術者ばかりのため、お客さんに対して時間を作るなんて事はしなかった。

それを、お客さんに対して営業マンを揃えて、対応させたのがハウスメーカー。

 

住宅展示場を設けると、家はよく売れる。

今では当たり前の住宅展示場だが、一昔前はそんなものは無かったのだ。

 

こういったハウスメーカーのノウハウは、もうノウハウとは呼べず当たり前になってしまっている。

そのため、地元工務店や中小建設業者なども、これらの事は当たり前にやっている。

ハウスメーカーと工務店に大差はなくなってしまっている状態。

ハウスメーカーのメリットってどこ?というのが今の現実。

ハウスメーカーって不安定

大手ハウスメーカーというと『安定』なんてイメージもあるだろう。

日本人って大きな会社に勝手に安定を感じるから。

でも、大手企業ほど不安定。

 

社員の入れ替わりの激しさは、他の業界より凄いんじゃないだろうか。

退職者が続出しているのがハウスメーカー。

社員同士を競争させるため、社員同士で潰し合いが当たり前という社風。

ハウスメーカーの会社の評判なんかをネットで見れば分かるのだが、ブラック企業ど真ん中なのだ。

 

特にハウスメーカーというところは、建築素人の集まり。

技術者よりも営業などの素人要員が幅を利かせている。

もう、無茶苦茶…。

構造を無視した家を提供して来たハウスメーカーも多いはず。

これ、素人の営業が幅を利かせ始めると、当然のように起こるのです。

ハウスメーカーの家を購入して、泣いた人も多いと思います。

ハウスメーカーのイメージと内情は全く違う

ハウスメーカーのイメージは、CMや広告のイメージだと思います。

それは架空の作られたイメージ。

要するに、全くの嘘です。

 

社員が入れ代わり立ち代わりのビギナーさんの多さにもビックリさせられるし、営業なんかと話をすると素人の中の素人で、まともに話など出来ないというのが現実。

そういった素人社員が自分が会社で生き残ろうと、他の社員に一生懸命嫌がらせをして、人が次々消えていく。

終いには、技術者を非正規雇用でどうにかしようとしているし…。

今日来たばっかりの派遣さんが、あなたの家を手掛けてくれるかもよ。

大手ハウスメーカーで家を建てるメリット

大手ハウスメーカーで家を建てるメリットって何だろう?

ハウスメーカーと工務店で大差があるのは値段だけ。

高い方がいいか、安い方がいいか…。

高いのがメリットと感じる人は、どうぞハウスメーカーへ。