『熱伝導率』の高い低いに惑わされてる

熱伝導率って?

家を購入しようとする時、『熱伝導率』という言葉と出くわす可能性があります。

家を購入する際出くわす『熱伝導率』は、ザックリ説明すると外気の温度が部屋の中に伝わり易いかどうかという事。

外壁の『熱伝導率』を説明している場合が多いようです。

しかし、熱伝導率は材料自体の特性や構造により出来上がるので、壁だけの事ではありません。

屋根から伝わってくる外気の温度や、ガラス窓を多くすると必然的に部屋の中の温度は上がります。

壁だけ重視しても意味が無い。

熱伝導率の誤解

熱を伝えやすいか伝えにくいかという事ですが、『熱』という言葉が付いているので誤解が生じる事があります。

『熱』という言葉が付いているので、『暖かさ』の事だと思ってしまうようです。

熱伝導率の高い家は、『暖かい』ので良いと捉えてしまいがち。

違うんですよ。

熱伝導率が高いという事は、夏に熱くて冬に寒いという事です。

住宅の場合は『熱伝導率は低い』ものを求めるのが正解。

高いという言葉が性能が高いように思えてしまいますが、この場合は低い方が性能が高いのです。

ややこしいですね。

 

熱を伝えやすいという事は、『暑さ』『寒さ』をダイレクトに室内に伝えてしまうという事です。

例えば壁が段ボールや発泡スチロールでできた簡易な箱の中は外気の温度に左右されにくい。

それとは逆に金属板やガラスで箱を作ると、その中で真夏や真冬に居る事は苦痛でしょう。

  • 熱伝導率が高い⇒温度が伝わりやすい
  • 熱伝導率が低い⇒温度が伝わりにくい

熱伝導率が低く温度が伝わりにくいという事は、部屋の中の温度も逃げないという事。

エアコンなどの温度も保ちやすいという事です。

 

夏場に部屋に入るとヒンヤリと感じる家は、熱伝導率が低く良い家だと言えます。

真冬にエアコンをガンガンかけているのに、温かくならないのは熱伝導率が高く熱が逃げてしまっているのです。

熱伝導率と断熱性

断熱性という言葉の方が馴染みがありますよね。

  • 断熱性が高い⇒熱伝導率が低い
  • 断熱性が低い⇒熱伝導率が高い

断熱性というのは室内を基準にして、外気の熱を遮断してくれるか、室内の熱を逃がさないかという事。

これは気密性とも関連性があります。

熱伝導率が低い+気密性が高い=断熱性

『熱伝導率』は、断熱性能を司る要員の一つと捉えるといいでしょう。

暖かい家

『暖かい』というフレーズで広告を出している住宅メーカーもあります。

これ、ちょっと注意してほしいのが、他の会社の提供する家より温かいと捉えがちです。

これ実は違います。

食品メーカーのCMなどでよく見かける『当社比』というやつです。

「おいしくなりました(当社比)」みたいなノリと同じ。

 

『以前提供していた当社の商品より暖かくなりました』

こういう意味です。

他社より暖かいのかというと、『謎』。

夏に熱くて、冬寒いので有名だった会社がコレを謳っています。

 

『暖かい』という言葉のイメージが良いので、とりあえず使ってるという会社もあるでしょう。

他社と比べてどんな施しをしてあるのか、詳しく聞いてみないとほんとに暖かいのか分からないのがホントのとこ。

しかも、材料一つ一つに伝導率は関わってきます。

その材料の熱伝導率が低いのかどうか。

さほど熱伝導率が低くも無い材料を、いくらたくさん使用しても意味が無いですから。

熱伝導率の低いポイント

熱伝導率が低いポイントとなる物は何かというと、

『空気』

空気が一番熱を伝えにくいのです。

外気自体が空気のため、なんのこっちゃ分からないでしょう。

 

材料が空気を含むかどうかで、暖かさに比例してきます。

例えば段ボールや発泡スチロール。

断面を見ると空洞がたくさんあると思います。

それをペッチャンコにして、箱を作るとその中の温度はどうでしょう。

特に発砲スチロールは、夏にアイスクリームを買うと発砲スチロールのケースに入れてくれることがありますね。

あのケースをペッチャンコに潰すと、アイスクリームは溶けちゃうでしょうね。

それは発泡スチロールが空気をたくさん含んでいるから断熱性が高いのです。

 

これを家に例えると、使用している材料に空気が含まれているか、そしてその材料を使用して空気の層を構築しているかという事。

例えば外壁だと、厚みがあって気泡が入っているのが断熱性が高いと言われていると思います。

鉄板のトタンでできたバラック小屋は、夏暑くて冬寒そうだと想像は付きますよね。

それから空気の層は、壁厚の事。

105角の柱をボードでサンドした壁と、120角の柱をボードでサンドした壁なら、120㎜の空間が出来た壁の方が空気の層が厚くなり、熱伝導率は低くなり断熱性能は高くなります。

 

熱伝導率の低い材料で、熱伝導率の低い構造にしたものが、熱伝導率がより低くなり断熱性能が高いという事。

これに気密性も考慮して家を作ると、断熱性能が高い家が出来上がります。

これは、やってはいかん

これをやっては全てがおじゃんになってしまうという典型的な実例。

それは『吹き抜け』と『ロフト』

天井板を取ってしまう場合があります。

『梁見せ』という人気のあるデザインです。

 

あれはやってはいけないね。

カッコイイかも知れないが、屋根裏という空気の層をなくしてしまっているから。

いくら壁の断熱層を作っても、吹き抜けとロフトを作ってしまうと全てがパァになる。

屋根からの熱というのは、とんでもない暑さ。

瓦屋根が真夏に太陽に当たった温度はとんでもなく熱い。

目玉焼きが出来るかも。

そのアツアツに熱せられた温度が部屋に伝わってくるという事。

冬は寒さでキンキンに冷えた瓦の冷気が伝わってくるという事。

 

寝室だけを吹き抜けやロフトにするから昼間は使わないと言う人も地獄に落ちています。

昼間の熱が夜も籠って逃げてくれないのです。

寝れない…。

気を付けましょう。

ココを見るのだ

住宅展示場などに見学に行ったり、間取りプランを作ってもらったりした時は、材料のサンプルを見せてもらって厚みをみたり、断面から空気の層を確認したり、吹き抜けやロフトを居室に設けていたりしていないか確認しましょう。

頼んでもないのに、天井板を取っ払った吹き抜けやロフトをつける会社は止めておいた方がいいのかも知れません。

実用性に欠ける「おしゃれ」を提供する会社は、実績が微妙です。

コメントを残す