家からラップ音!怪奇現象じゃないよ

ラップ音

夜中にパーン!

建てたばかりの家から、「ミシミシ…」「パキッ…」など、木が割れるような音がします。

夜中に「パーン!」と、怪奇現象のラップ音のような音が響いたり。

これ、怖いですよね。

でも大丈夫。

木が割れてるだけなんです。

木造住宅には必須の現象です。


何で割れるのか

家に使われている木材の乾燥が進んで割れるのです。

木の繊維が色んな方向に走っているため、互いに引っ張られて割れます。

特に無垢の材料を使用した場合、よくラップ音が鳴ると思います。

集成材やパネル構造の家は、あまりこの音はしないんじゃないですかね。

 

木というのは基本的に真っ直ぐな材というのはありません。

お互いに組み合わせる事で、真っ直ぐになるよう家は作られています。

「ミシミシ」「パキパキ」音がするのは、互いの材が馴染んでいってると思っていいでしょう。

夜に音がするから怖い…

夜にこの音を良く聞くと思います。

そのため怖さが倍増しちゃいます。

これ、何で夜に音がするのかというと、静かだから。

昼間は家が留守がちだったり、道路や周辺からの音にかき消されて気付かないだけ。

昼も夜も音は鳴っています。

 

吹き抜けのような音が反響するような間取りの家は特に音が大きく感じてしまいます。

私も一度夜中に体験しましたが、心臓止まるかと思いました。

ちょっと、心臓に悪いですよね。

構造面は大丈夫なの?

大丈夫!

木は乾燥が進むと割れるというのは、昔からの常識であるため想定内で家は作られています。

木が割れると言っても、真っ二つに折れたりはしませんから。

構造面は、何も心配はありません。

この割れるという現象で、家が歪むという事もまずありません。

そんな前例聞いたことないし。

事前に説明してほしいですよね

建設会社が事前に説明してくれるといいんですけどね。

説明してくれる会社もあるんですよ。

でも、自分で家を建てた事がない社員が多い。

建設会社の社員だから、一戸建てに住んでるとは限らない。

自分が体験した事ないから、この現象を知らない人も多いのです。

どれくらい続くのか?

建てて1年くらいは頻繁に音がします。

大きなビックリするような音は大体1年くらいでおさまると思います。

しかし、音自体がどのくらい続くかは私もよく知らない。

3年5年経っても音がするという人もいるようです。

小さな割れはしばらく続くのかも知れません。

とりあえず、怪奇現象ではない事だけは、私が断言して差し上げます。

安心してね。

 

怪奇現象でもありませんし、構造面でも心配する必要はありません。

でも、夜中に突然鳴り響くので、原因が分かっていても、ちょっとビックリしちゃいます。

 

家を建てて何十年も経って音がしはじめた場合

「ミシミシ」「ギシッ」など、木の音が何十年もして頻繁に起こるようになったら要注意かも知れません。

床などではなく、家の端っこや外壁側から音が頻繁にするようであれば一度見てもらった方が良いかも。

シロアリ被害や、湿気による腐食で、柱や大事な構造材が持ちこたえられなくなってきている場合があります。

いきなり家が崩れ落ちたりという事は無いとは思いますが、建て替えや補修を検討しましょう。


コメントを残す