ハウスメーカーのリフォーム

ハウスメーカーがリフォームのCM

もともとハウスメーカーって、新築だけ建てたら、後は知らん顔という仕事のやり方をしてきていた。

リフォームなんかどこかの小さい工務店のやる仕事だという認識を持っているのがハウスメーカーだった。

自社が請け負った家に関しても面倒なんかみませんよという姿勢を貫いていたのだ。

「俺たちが建ててやった家のおこぼれを地元工務店にくれてやる」

これがハウスメーカーのリフォームに関する認識であったのは事実。

 

そんな高飛車でクソ高いだけの家を売り逃げしていたハウスメーカーがリフォームのCMなんかやり始めちゃってるわ。

これがどういう事なのかというと、

「新築の家が売れません」

こういう事ですわ。

 

販売力の無いハウスメーカーほど、「リフォームやってますよ~」って謳い出すから。

リフォーム謳い始めるハウスメーカーほど、新築扱っている社員がダメ社員揃えてたりする。

こういうハウスメーカーの社員たちは、他のハウスメーカーより能力がないと断定してもよいであろう。

売るしか能力がないのに、それが出来ないという有り様。

相当酷いな。

ハウスメーカーの内部知ってる私からすると、動かない営業が楽しくおしゃべりして事務所で腰かけてるようなハウスメーカーなんかダメに決まってる。

腰掛け営業マンいっぱい抱え込んでるハウスメーカーがリフォーム謳いだしてるぞ。

ハウスメーカーはリフォーム別会社の場合が多い

前にも書いたけど、新築とリフォームが別会社や別部門になっているハウスメーカーがほとんどだと思う。

新築が売れないという状況をどうにかするためのリフォーム事業のアピール。

これ、冷静に内情を分析すると、リフォーム部門の社員が新築部門の社員の給料をひねり出してやらなくてはいけないという事。

だから、ハウスメーカーのリフォームって無意味に高いのよ。

 

しかも新築もそうなんだけど、社員採用で学歴だけ重視して学部を無視して人材採用しているハウスメーカーも多い。

建築未経験のまま、仕事をいきなりやらせるという手段を取るから、ハウスメーカーの社員は何しでかすか分かんない。

 

ハウスメーカーのリフォーム業務に、建築学部出てない人間に営業させて、その営業が図面描くからな。

あり得ない物を書いている事が多々ある。

 

ハウスメーカーは人材採用で、ズレた人材採用している事が多いから、建築みたいな技術系の仕事はやらせない方がいい

口だけ動かすのが仕事の営業職なんか、仕事が取れなくなったら捨てるしかないのに。

ハウスメーカーがリフォームを誇張しはじめたら

ハウスメーカーがリフォームを広告やCMで誇張し始めたら。

「このハウスメーカー新築が売れないんだな」

こう思いましょう。

 

新築売れない時点で、無駄に高い家を売っているという事。

そんなハウスメーカーにリフォームなんて頼んでも、高いだけで技術はない。