新築とリフォーム「比較するのは価格の違いだけ?」

新築かリフォームか

新築にするかリフォームにするかで、悩んでいる人は多いようです。

リフォームにすれば、安く済むのではないかという期待を持っているように見受けられます。

もちろん、家を購入する側にとったら、一番気になる部分が金銭面になります。

 

経済的に収入面での安定が図りにくい日本になってしまったため、新築せずにリフォームする人も多くなってきています。

住宅の平均寿命が延びてきているようで、それはリフォームしている人が増えてきているためのようです。

 

修繕リフォームではなくて、大規模リフォームをする人もいるようです。

正直、なぜ新築にしなかったのかと不思議に思うようなレベルのリフォームもあります。

そんなにお金がかかるなら新築でよかったんじゃないの?みたいな。

 

ただ、家に思い入れがあるとか、人によって事情は様々のため、なんとも言い難いのですが。

リフォームは安いという思い込みもある気がする。

新築とリフォームの違い

新築した家をリフォームで修繕しながら住むというのが、基本的な考え方かなとも思います。

  • 新築⇒リニューアル
  • リフォーム⇒延命

あまりにも古い家はリフォームに向いていない可能性が高い。

基礎だけでも残せば価格が安くなる、なんて考えを持つ人もいます。

柱や梁など骨組みはまだ使えるんじゃないかという人も多いようです。

 

古い家の基礎は構造が旧式な上、やはり何十年も経っていると劣化している。

現在の基礎と比べて、昔の基礎は簡素に出来ている事もあるのです。

 

また柱や梁は、解体して見てみないと、使えるか使えないか分からないはず。

使えなかったら、追加が発生します。

最初に貰った見積もり通りなんて、そう都合よくはいかないでしょう。

あとどのくらいの期間住むのか

年配の方が残りの余生を過ごすための家であれば、リフォームでもいいと思います。

しかし、今後もずっと長い事住み続けるという時に、古い家を大規模リフォームして使用すると、結局肝心な基礎や躯体が老朽化していきます。

 

築数百年なんて日本家屋もありますよね。

そんなに家って長持ちするんだって思ってしまいます。

ただ、そういう日本家屋は、柱や梁がごっついでしょ?

一般住宅とは使用している材料のレベルが違う。

そして何百年も持たせるためには、修繕を何度も繰り返している可能性も高い。

 

まれにボロ家を購入してリフォームして住む人もいますが、買ったボロ家がシロアリに食われてたらどうすんの?

壁を剥ぎ取らなきゃ、柱や梁が使えるか使えないか分かんないよ。

ボロ家と古民家は違うのよ。



リフォームと新築で選ぶ会社

新築事業とリフォーム事業両方構えている会社もあります。

どちらか決めかねるお客さんが、そういう会社を選んでやってきます。

新築とリフォームで別会社になっている場合がある。

 

その場合、新築の営業マンに出会うと新築になり、リフォームの営業マンに出会うとリフォームになります。

なぜかと言うと、会社が違うから。

一見、同じ会社と思いきや、中で会社が別々になっていたりします。

 

新築とリフォーム両方の営業マンを紹介してもらった場合、これまた新築になります。

これ、会社の力関係によるもの。

新築で建てた住宅を、リフォームするために設けた会社だから、新築事業ありきのため新築の方の社員が力関係が強いのです。

グループ会社だから大丈夫なんて事はない。

組織内部でノルマや肩書き色んな要素があって、平等に公平になんてのは現実にはない。

 

これを聞くと、「騙されたんじゃないのか」って思うかも知れませんが、上記で述べたように、新築かリフォームかで悩むような人の家は老朽化しているので、大抵の人は新築にした方が良かったりする。

意外と選択としては正解なのです。

 

一番いいのは、今自分が住んでいる家を建てた会社に相談するのが良いかも知れない。

若しくは、新築もリフォームも同じ会社で引き受けている会社に頼むか。

リサイクルをしようと目論む

今までの家で使用していたものを、再びリサイクルで付けようと目論む人がいます。

ドアやサッシなどの建具類は使えると思ってる人多いんじゃないでしょうか。

使える可能性もあるのですが、使えない場合もある。

自分で勝手に大丈夫だと思い込んで話を進めてもそうはいかなかったりする。

考慮する点

今後、どのくらいの期間住むための家か。

これがポイントですね。

基礎と躯体の老朽具合を、一番気にしなきゃいけない。

床や壁、瓦や住宅設備だけならリフォームで大丈夫ですよ。



コメントを残す