設計士は必要か?

設計士という職業

人工知能AIが発達して、産業の機械化が進むとなくなる職業というのがネットにある。

その職業一覧の中に『設計士』が入ってしまっているという事実がある。

技術職と言われてきた設計士も、今や先細りの職業となりつつあるようだ。

 

でも完全になくなるわけじゃないと思う。

だけど、需要は減るだろうなと個人的な意見としては否めない所がある。

設計士は必要か?

設計士は建築には必要不可欠な存在だと考えるだろう。

でも、現実ハウスメーカーの設計士と呼ばれる人たちの仕事を見ていると…

設計士なんて要らない。

 

建設業を営むにあたって1級建築士は必要。

でも、それは1人いればいいだけ。

物件1つ1つに必ず必要な存在というわけじゃない。

設計士を設けたハウスメーカー

設計士を取り揃えている事を売りにしているハウスメーカーというのがある。

なぜ、設計士を取り揃えているのかと言うと、お客さんからのイメージがいいから。

理由は、ただそれだけ。

 

そんなハウスメーカーの設計士が何をしているのかと言うと、「自分は忙しいんだ」という言い訳をして自分の仕事を非正規に分散させてしまっている。

冷静に彼らを見ていると、忙しくも何ともない。

意味のない残業をして、残業代を稼いでいただけ。

何かやっているフリをして、「忙しい」と言い訳をしていただけにしか見えなかった。

本当は残業をするほど仕事がないという事に、他の社員たちは気付いていなかったようだが、他社から転職して来た私にはバレバレの偽装行為だった。

 

図面は非正規のCADオペレーターに任せているし、詳細図面の作成もハウスメーカーの設けたCADセンターに丸投げ。

そんなCADセンターでどんな人が詳細図面を作っているのかと言うと、非正規の派遣社員。

確認申請なんかも会社によっちゃ、若い女の子にやらせている会社もある。

設計士じゃなくっちゃ出来ない仕事なんて、本当はない。

無資格のその場しのぎの非正規で事済むのだ。

そしてその場しのぎの非正規が、あなたのお家を作ってくれてるってのが現実。

監修という形で1級建築士が1人いれば、後は非正規に仕事を分散すれば済むんだよ。

 

「うちの会社は1級建築士を取り揃えています」

そんな事をうたい文句にしたハウスメーカーの設計士のやっていた事はというと…接客。

「どんな間取りにしますか~」

「どんな家が希望ですか~」

設計士っぽい仕事してるように見えるかも知れない。

でも、他のハウスメーカーを見ていると、それは営業マンがやっている事。

 

営業マンが設計士に自分の仕事を分散して、お客さんを何時間も接客している。

そんな設計士に設計業務なんてする時間はない。

設計士は非正規に自分の仕事を分散して店員さんをやっている。

設計士が不要社員に見えてきた

建築の道に進んだ人間にとって、設計士は花形の職業だ。

でも、それが花形の職業だった…という表現に変わって来た。

設計業務は、機械化が進んでパソコンソフトで出来るようになってきた。

 

「自分は忙しい」

こんな事を口癖にしてきた設計士には、補助要員がたくさんついている。

自分の仕事を非正規の補助要員に分散させてしまった設計士の存在が微妙な気がする。

忙しい時は、それでも設計士という扱いだったかもしれない。

でも、仕事が激減して来た今となっては、未だに「忙しい」というわけ分からぬ事を口癖にした不要物に見えるのだ。

 

肝心な仕事は非正規に投げてしまい、やっている事は営業に投げつけられた業務。

「あんたって、何?」

こんな存在。

設計士がいないハウスメーカー

ローコストハウスメーカーって、設計士が大量にはいない。

営業がタブレットで間取りをくみ上げるようなハウスメーカーもある。

あえて設計士じゃなきゃいけないという業務が無くなってきているわけ。

 

営業マン揃い踏み、さらに設計士揃えています。

この手のハウスメーカーの家は高い。

さほどやる事もない高給取りのオッサンが、自分の仕事を別の業務の社員に押し付けてるから。

営業は設計に接客の仕事を投げつけて、設計は非正規に仕事を投げつけてしまっている。

なぜか、自分の本来の業務じゃない仕事を受け持ってしまっている。

 

なぜいるのか分からないと昔から思っていたのが営業マン。

ロクに建築も知らないから、要ると仕事がかき回されるなんてのがザラだった。

そして近年はその営業に加えて、いる意味が分かんなくなってきてるのが設計士。

営業から客を押し付けられるような形で、接客業務に勤しんでいる。

こんな事してるハウスメーカーも一部の会社なのかも知れないけど、それを目の当たりにしてしまった以上、設計は要らないと言われて当然だろう。

 

人工知能が発達して機械化が進んだ時、設計士という仕事は必要ないと言われても否定できない状況が既にあるのだ。

で、結局設計士って必要なのか?

個人住宅を建てるにあたって設計士は必要ないんじゃないだろうか?

ハウスメーカーなどは特に…。

必要性が薄れてきているのが、既に現象として現れている。

 

そんな現象が見えてきたのは、設計士の言い訳が原因。

「自分は忙しい」

こんな事を言って自分の仕事を手放してしまった。

非正規に仕事をやらせて自分は設計士だとばかりに偉そうぶって来たのが、仕事が激減して来た今、何してるのか分からないオッサンになってしまっている。

これが設計士の現実の姿。

 

非正規を利用する事で、非正規でも出来る仕事だと証明されてしまった。

図面を作成している非正規の横で、1日中寝てる設計士も見た。

新築の依頼が減って来たから、寝る回数も増えて来てる。

設計ミスで不具合が起こっても、図面上の設計ミスすら見付けられない設計士。

自動設計でパソコンソフト任せの仕事をしていたせいで、家の構造図面を見ても間違いすら見付けられない。

これが、今の設計士。

花形の職業と言われていた設計士が今見せてくれる現実。

 

機械化が進むと必要が無くなる仕事は『設計士』

もう、既に設計士の必要性が分かんなくなってるハウスメーカーも多い。

タブレットで人差し指で間取りを組める時代。

これ、接客する要員の営業も必要ないかも。

ネット注文で家を買えるんじゃない?

お客さんが自分で間取りを組んで、ネットで注文をクリックすればいいんじゃない?

 

非正規の横で寝てるなら、いない方がマシ。

自分の業務を別の業務の社員に押し付けるなら、いない方がマシ。

高給取りの社員に限って、自分の仕事を手放そうとする。

「忙しい」なんて言い訳もう通用しないでしょ。

自分の仕事を他の社員にやらせている職種は排除すればいいんだよ。

こんな人材、いつまで置いておくのかと腹立たしいのが、ハウスメーカーだ。

お前んとこが取り扱ってる家が高い理由がコレだよ。