集成材の強度「接着剤の寿命は何年か」

公開日: : 家づくり計画

集成材とは

集成材というのは、小さい木材を接着剤で接合した材料の事。

接合する事で、大きな材料を作る事が出来るわけです。

 

テーブルなんかで使われているのを、見た事あるのではないでしょうか。

大きな一枚板を用意するとなると、とても高額になります。

集成材を使用する事で、価格は安くなり、大きなサイズにも対応できるようになるのです。

ただ、ありがちなサイズの場合、手間がかかっているため、集成材の方が高いという事もあります。

集成材の構造材

こういった集成材を構造材として使用している建設会社もあります。

柱や梁、そのた構造面を司る部材に採用されています。

通常よりもサイズの大きな構造材を安く採用できるというメリットがあるようです。

 

ただ、この時考慮したいのが『接着剤の寿命』

接着剤というのは劣化します。

フローリングがボヨボヨになったりするのは、接着剤の劣化によるものがほとんどです。

だいたい、30年ほどだと言われています。

これも、環境によって寿命が変わってくるため、一概には言い切る事が出来ません。

 

フローリングや家具などは、リフォームや買い替えでどうにでもなります。

しかし、家の構造材は劣化したからといって、そう簡単にはどうする事も出来ません。

だから、気になるのです。

 

その接着剤の寿命が、ある意味リスクとなり得ると考えてしまうわけです。

接着剤の寿命が30年というのは、かなり昔に聞いた情報である事もあって、ネットで調べたりもしたのですが、どの情報を信じればいいのやらという状態です。

50~70年持つと書かれたものもあります。

しかし、湿気が多いなど環境によっては、寿命は縮みます。

 

通常の柱は3.5寸(105角)や4寸(120角)です。

無垢材で用意するのに、無理のないサイズです。

あえて集成材にする必要もないかなと思ってしまいます。

 

もう一つ気になるのが、集成材は衝撃に弱いという事。

衝撃が加わると、パカッと取れちゃう。

刃物で加工をしている最中に、取れるなんて事も。

バラバラの小さい部材をくっつけあっているため、荷重が偏ってかかるとその部分だけ取れる可能性も考えられるわけ。


無垢材か集成材か

インテリアなんかで集成材を使うのは何一つ問題はないと思います。

フローリングパネルなんかも、集成材は問題ないと思います。

 

ただ、家の構造材として使用するには、寿命が立証されていない面がある気がします。

歴史が浅いんです。

ここ20~30年ではないでしょうか、構造材に使われ始めたのは。

 

だから、完全に否定も出来ないし、完全に肯定も出来ないという状態。

これはダメだと言い切る事も無責任だし、これは良いとも言い切れない。

 

ただ、個人の判断として、集成材の寿命を気にしておいた方がいいだろうとは思います。

材料には全て寿命があります。

いくら強度がありますと言われても、いつまでその強度が保てるのかという事を考えなくてはいけません。

いつまでも、強いわけでもありませんし、永久不滅な物はありません。

 

自分が購入しようとしている家に使われている材料の特性を知った上で購入に踏み切ってください。



スポンサーリンク

関連記事

揺れ疲れ

『揺れ疲れ』地震の後の症状

揺れ疲れとは 『揺れ疲れ』 今回、熊本地震でよく聞くようになりました。 大きな地震が来

記事を読む

地震

熊本での大地震!地震が来たら気を付けたい事

熊本で地震が起こりました 21時26分頃、熊本県熊本地方を震源とする地震がありました。 震源

記事を読む

no image

自慢したくなる家

自慢したくなる家を欲しがる人 自慢したくなるような家というと、自分たちにとって理想的な家だと思うで

記事を読む

no image

東西南北の方角の見方って考えようによっちゃ難しい

東西南北 家を新築するとなると東西南北という方角を考慮する事が大事になってくる。 この東西南

記事を読む

ローコスト住宅

家を買うタイミング

『家は一生に一度の大きな買い物』じゃない 家は購入するタイミングによっては2度買う事になる 『一

記事を読む

no image

強い家という誤解

強い家 消費者が強い家を求める気持ちが強いため、提供する側も「強い家」という謳い文句で商品を押し出

記事を読む

no image

年収と家の値段の関係

年収と家の値段 年収って都会と地方では、同じ業種でも全く収入が違いますよね。 ハウスメーカー

記事を読む

no image

もしも、私が家を建てたなら~♪

ちなみに家を建てる予定はありません 建築に携わって多少なりとも知識がある人間が、どんな会社を選んで

記事を読む

no image

新築とリフォーム「比較するのは価格の違いだけ?」

新築かリフォームか 新築にするかリフォームにするかで、悩んでいる人は多いようです。 リフォー

記事を読む

no image

リフォームと新築どっちか迷うなら

リフォームと新築どっちがいいか 今住んでいる家をリフォームした方が安いのか、新築で建て替えた方がい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

スポンサーリンク

no image
新築の家に引っ越しして地縛霊に悩まされた…その原因とは

新築の家に地縛霊が… 新築の某有名メーカーが展開する建て売り住宅を購

no image
新築のフローリングの色選びで後悔しないためには

新築のフローリングは何色がいい? 最近はフローリングにこだわりのある

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s
乾燥肌の原因が家や住む環境なんて事も…

突然、乾燥肌に 今まで、こんなに酷い肌の乾燥は無かったのに…。

no image
過去に起こった地震と家の関係

大規模地震での家の被害 『地震に強い家』っていうフレーズ。 今

no image
この住宅メーカーヤバイやろ

この住宅メーカーのどこがいいのか… なんでここで家を買うのか分かんね

→もっと見る

PAGE TOP ↑