下請け業者に使えないど素人がいた

公開日: : 最終更新日:2017/05/02 家づくり計画

家を作っているのは下請け業者

実際、家を作っているのは下請け業者さんです。

地元建設会社や工務店であれば、その会社に大工さんや作業に携わっている社員もいますが、ハウスメーカーなどは全て下請け業者に頼んでいます。

大工さんや基礎屋さん、水道屋さんや屋根屋さんなど、色んな業者の人が関わっています。

 

その下請け企業にもさらに下請けがいます。

いわゆる、孫請け業者という奴です。

基礎屋さんなんかは生コンを発注して持って来てもらったりと、下請け業者さんにもそういう下請け業者さんがいるという事。

 

基本的に下請け業者さんは、色んな建設会社やハウスメーカーの仕事を手掛けているので、いわゆるその道の一番のプロです。

下請け業者がど素人なんて…

請け負っている専門的な仕事において一番のプロである下請け業者に、ど素人がいたという事があります。

で…やらかしてくれた。

 

なぜそんな素人が業者として紛れ込んでいたのかというと、ハウスメーカーの社員が自分の友達に業者をやらせたから。

友達に業者をやらせる事で、仕事を回すとマージンがもらえたり、最終的にはそのハウスメーカーを退職したかったため、自分の次の就職先として会社を作らせたというわけ。

友達に作らせた会社に役員として入り込もうという算段。

 

こういうハウスメーカーのサラリーマン社員が考える浅はかな考えで、顧客の新築の家は滅茶苦茶。

新築1か月もしない時点で、トイレが逆噴射するという事態に…。

新築の家のトイレが汚物にまみれるという惨事。

原因はよく分からないのだが、使い終わって余ったモルタルをお客さんの家のどこかに捨てて帰ってしまったのが原因っぽい。

モルタルが配管をふさいでしまって逆噴射という有り様。

お友達を下請け業者にしてしまう

下請け業者と関わるのは、現場を管理する現場監督。

この現場を管理する社員が、自分と仲良しの人間としか関われないような性格だと、本来の業者を使わずに自分の友達を業者として入れてしまう事もある。

下請け業者が年期の入ったプロであるため、知識の浅いコミュニケーションの能力や伝達能力のない現場監督などには扱い辛かったりして嫌うのだ。

 

やらかしやがったハウスメーカーの社員が友達を業者として入れ込んで来た理由は、元いた下請け業者に負債を背負わせたから。

自分の失敗を下請け業者のせいにして、支払いを踏み倒した。

しかも仕事が出来ない社員だったため、同じことを繰り返し踏み倒した金額が膨らんでしまい、元々使っていた下請け業者と顔を合わせづらくなったから。

会社でも失敗が多い社員だったため、会社にも居づらくなったため、友達に会社を作らせて乗り移ろうとしてたってわけ。

 

ハウスメーカーって…社員が全員サラリーマン。

他の社員のやっている事に無関心なため、陰で変な事をする社員がいても気付かない傾向が強い。

やらかしてしまう前に未然に防ぐことが出来ず、やらかした後に滅多打ちにするという意味のない管理をしている。

さらには、ハウスメーカー内で業務が分業になっているため、職種が違うと全く理解できないという有り様。

建築に関する全般的な知識を持っていない社員ばかりなのだ。

 

さらには転勤族で占められているような構成のハウスメーカーなどは、下請け業者の伝手を持っておらず人脈もないため、下請け業者が素性の分からない業者が入ってきたりするのだ。

下請け業者に捨てられたり、下請け業者を増やしたりする時に、素性の分からない業者が入り込んでくる。

実績の無いような業者を口先だけでの説明で、受け入れてしまうのだ。

社員が引っ張って来たからと、ロクに調べもせずに使ってた。

素人業者なんてすぐ分かる

建設会社というのは、下請け業者を呼んで飲み会がある。

こういう飲み会で下請け業者と話すと、素人かどうかぐらいは判断付く。

普通なら、そのぐらいの事は聞き出せるのだ。

なのに、アホな社員たちはバカ騒ぎで酒飲んでるだけ。

だから、誰一人として素人業者だった事に気付いていなかった。

 

何のために飲み会開いてるのかよく分かる。

己らが酒を飲むためだけ。

ハウスメーカーのサラリーマン社員なんて、一緒に飲んでも仕事に意味のない飲み方しかできない。

ただ建設業界に転がり込んできただけの、サラリーマンにはこういう有り様。

サラリーマンが開く飲み会は、仕事に何の役にも立たない。

設計や図面がキレイに出来てても意味ない

「設計がセンスがある」とか、「図面がきれい」なんて言ってる人多いけど…。

実物は図面じゃない。

自分の土地に実際に立つ家がキチンと出来ていなきゃ意味がない。

 

一番顧客からは見えにくい部分が一番肝心な事。

図面が完璧に出来てるからって、家が完璧に出来るわけじゃない。

図面や接客が完璧でも、それを作れなきゃ意味がない。

 

たま~に、素人業者がいるんだよね~。

気を付けろって言っても、どうやって?って事になる。

こういう業者が混じってるのは、気を付けようがないんだよね。

スポンサーリンク

関連記事

no image

雰囲気のある家の作り方

雰囲気のある家 「なんか違う…もっと、こう…う~ん…」 「もっと、こう…どう説明すればいいの

記事を読む

no image

もしも、私が家を建てたなら~♪

ちなみに家を建てる予定はありません 建築に携わって多少なりとも知識がある人間が、どんな会社を選んで

記事を読む

no image

理想の家の条件「自分達に必要な家を作る」

理想の家の条件 家を建てるとなった時、『理想の家』を現実にしたいという風に誰もが考えます。

記事を読む

キッチン

お料理を頑張るという約束で高価なシステムキッチンをねだる

キッチンのグレードを上げてもお料理のグレードは上がらない 『お料理を頑張るからキッチンはこれがいい

記事を読む

no image

新築の値引き交渉が下手やで、みなさん…

値引きをいきなり申し出る人多いけど… 新築の家のプランを作る時に、いきなり値引きを連呼するという人

記事を読む

満足度

ハウスメーカーの満足度ランキングなんて参考にならないよ

ハウスメーカー顧客満足度ランキングの偽装 大手ハウスメーカーが顧客満足度でランク付けされてます。

記事を読む

no image

ハウスメーカーにクレームを言いたい時はどうすればいい?

ハウスメーカーにクレーム 基本的にハウスメーカーのやった仕事に対して、「直してほしい」など家の欠陥

記事を読む

no image

『熱伝導率』の高い低いに惑わされてる

熱伝導率って? 家を購入しようとする時、『熱伝導率』という言葉と出くわす可能性があります。

記事を読む

no image

家の相見積もり「何社かを比較検討してますか?」

家の相見積もり 『相見積もり』というのは、自宅の建築を依頼する建設業者を決めるために、数社から見積

記事を読む

no image

自慢したくなる家

自慢したくなる家を欲しがる人 自慢したくなるような家というと、自分たちにとって理想的な家だと思うで

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
過去に起こった地震と家の関係

大規模地震での家の被害 『地震に強い家』っていうフレーズ。 今

no image
この住宅メーカーヤバイやろ

この住宅メーカーのどこがいいのか… なんでここで家を買うのか分かんね

no image
オリンピック競技場の建設を何故ゼネコンは引き受けたのか?

オリンピック新国立競技場建設 オリンピックの新国立競技場の建設に関わ

no image
バリアフリーな家づくり

バリアフリーの本当の意味 『バリアフリー』と言うと、「段差がない」と

no image
自慢したくなる家

自慢したくなる家を欲しがる人 自慢したくなるような家というと、自分た

→もっと見る

PAGE TOP ↑