家の相続「生前に資産整理してしまう」

公開日: : 未分類

家の相続

自宅の相続を考え始めた人もいるかと思います。

TV番組で紹介されていたハウスリースバックというシステム。

自宅を子供が相続しても持て余してしまうという場合に活用するといいようです。

 

ハウス・ドゥ⇒ハウス・リースバックへのお問い合わせ

ハウスリースバックとは、家・土地の不動産を買い取ってもらって現金に変える。

その後は、家と土地の権利はハウスドゥになったため、固定資産税は払わずに済みます。

月々の家賃をハウスドゥに支払えば、自宅に住み続けられるというもの。

 

どういう人が利用しているのかというと、

  • 資産整理をしたい人
  • 資金調達したい人

資産を持っていても自分が居なくなった後、住む人もいないという状態や、子供が複数いるため相続でややこしくならないために現金に変えて現金で相続させるという目的の人がいるようです。

 

また、大きな金額のお金が必要になった時に、このシステムを利用して現金を用意する事も可能なようです。

法人向けのアセットリースバックというサービスもあります。

設備投資や資金調達の手段として利用できるという事ですね。

再び買い戻す事も可能なようです。

TVの実例

TVで紹介されていた実際このサービスを利用している人の実例はこんな感じでした。

3000万で家と土地を買い取ってもらって、月々20万円の家賃を払うという方法です。

 

家賃20万円は高いと思いますが、固定資産税を払わなくていいと考えると、それほど高くもないそうです。

子供が複数いるため相続で揉めたり、住む予定もない家の相続税で子供が苦しむ事もないというメリットがあります。

子供が複数いる場合や子供がいない場合、利用するといいサービスではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

no image

家電・家具をレンタルリースできる『被災した時借りられる』

自然災害で家財道具が使えなくなる 災害に遭ってしまうと、家具も家電もダメになってしまいます。

記事を読む

no image

仮設住宅の問題点とかその後の事

被災地の仮設住宅 東日本大震災の後だったかなぁ。 どこかで手にした雑誌にダイワハウスの会長だ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

スポンサーリンク

no image
過去に起こった地震と家の関係

大規模地震での家の被害 『地震に強い家』っていうフレーズ。 今

no image
この住宅メーカーヤバイやろ

この住宅メーカーのどこがいいのか… なんでここで家を買うのか分かんね

no image
オリンピック競技場の建設を何故ゼネコンは引き受けたのか?

オリンピック新国立競技場建設 オリンピックの新国立競技場の建設に関わ

no image
バリアフリーな家づくり

バリアフリーの本当の意味 『バリアフリー』と言うと、「段差がない」と

no image
自慢したくなる家

自慢したくなる家を欲しがる人 自慢したくなるような家というと、自分た

→もっと見る

PAGE TOP ↑