家を安く建てるコツ

家を安く建てるにはコツがある

家をやすく建てるコツですが、家の形や仕様を伝授してくれるサイトはあるようです。

しかし、いくらコストを下げる工夫をしても、値段設定の高いハウスメーカーを選んでる時点で、何の意味もない。

しかも、家の形や仕様を細々注文を付けるというのは、敷地条件など制約があって必ずしもできるとも限らないでしょうね。

安い家を作る人に図面変更を何度も掛けられると、さすがにハウスメーカーにとっても迷惑この上ない。

 

最初っから、値段設定が高い所なんか選ばなければいいのです。

高いので有名なハウスメーカーにわざわざ行って、「安くしてくれ」という方がおかしい。

高い事ぐらいは、事前に分かるはず。

物が良いから高いと思い込んでいるのだろうが、物はさほど良くないのがハウスメーカーというものだ。

すご~く単純な、高いハウスメーカーの見分け方を教えましょう。

意味不明に高いハウスメーカーの見分け方

  • 残業で会社にいつまでも明かりがついている
  • 展示場にお姉さんが複数いる
  • 役職付きすぎ
  • ホームページで役員の数をチェック
  • 一部上場には配当金があるのよ
  • 営業の歩合給
  • インテリアコーディネーターがいる

残業ばかりしている会社

本社の前を夜中に通ってみると、いつまでも明かりのついた会社というのがあります。

「仕事が多いんでしょ」とか「忙しいのね」なんて思いがち。

彼らは遊んでいますから。

一日中喋って、さらに残業してお喋りに興じているような社員たちがいるハウスメーカーがあるんです。

仲良しこよしが過ぎるのでしょう。

 

残業代稼ぎを社員達が複数名でやっているわけ。

本社から離れた地方支店などでは、よくある事です。

本社の目が届かないから、みんなで残って残業代をせしめているのです。

残業している事を社員の評価対象としている管理職も多く、管理職が無理矢理残業させるような会社もあります。

その残業代はお客さんが支払わなければ賄えないですよね?

 

最近は、残業を減らす傾向が世間に出てきているので、していない可能性もありますが、意味なく会社に残りたがる残業代稼ぎ社員が多いのはハウスメーカーの特徴でもあります。

また、単身赴任の社員が多い会社は、家に帰っても一人なため、無意味に会社に残る傾向が強いように思います。

展示場にお姉さんが多い

展示場に案内係のお姉さんが複数いる会社があります。

丁寧な対応をしてくれるので、ありがたい存在ではあるのですが、維持費がすごくかかる。

住宅展示場って、平日はほとんど人が来ないんです。

ほとんどやる事がないというのが現実。

 

それなのになぜ、そんなに女性の案内係を置いているか知ってますか?

男性社員のお喋り相手、さらには酒の席のにぎやかしのためです。

「喜び組」というポジションですね。

イベントがあるたびに、アルバイトで募集をかけて、自分たちがイベントの後に女性と遊ぶ目的で雇うというハウスメーカーもあります。

 

ロクに役割もないような女性をわんさか用意しているハウスメーカーは、家が高いのでも有名なようです。

営業マンも接客を案内係にまかせっきりで、事務所でくつろいで動かないというポンコツ揃いです。

何かあっても電話に出ようとしない姿に不安を感じさせます。

対応しません!逃げます!という姿勢を見せてくれていました。

役職付け過ぎ

社員に役職を与えすぎているハウスメーカーがあります。

通常、腰掛けと言われるお茶くみオバサンに肩書をつけているような会社もあります。

どれもこれも二役職が付いているという事は、人件費がかかっているという事ですね。

この人件費に歪みが生じていた会社は、技術職を非正規で使い、お茶くみを昇進させていました。

技術的な部分に不安が多いハウスメーカーは、お茶というサービスだけは丁寧です。

自分の家よりお茶を重要視する人向きです。

ホームページの役員紹介

ハウスメーカーのホームページの役員紹介で役員の数を数えてみましょう。

恐ろしい数の役員がいるようなハウスメーカーも存在します。

役員とは「働かないおじさん」です。

この人達のお給料を払ってあげたいなら、そのハウスメーカーを選べばいいでしょう。

 

その働かないオジサンの経歴などが見られたら、検証してみましょう。

建築とは関係ない所から流れ込んできた、天下り的な人が混じっているようです。

しかも、年齢が…すでに定年過ぎているし。

オンボロ人材に金をかけている様子を感じるハウスメーカーは、高いに決まっています。

一部上場企業

株式が上場しているという事は、株主が多いという事。

株主が多いという事は、配当金も必要になってきます。

また、財閥企業の名前を下げたハウスメーカーと言うのがありますよね?

株主に相当の配当金が必要な会社です。

配当金の分も稼がなければいけない状況と言う事は、それを支払うのは顧客ということですね。

財閥系は意味不明に高いでしょう?

こういう事ですね。

営業の歩合給

値段の高いハウスメーカーと、ローコスト住宅を提供している会社では、営業マンの歩合給が全く違います。

ローコストって材料費をケチっているのではなく、人件費を削減している。

値段の高いハウスメーカーの営業マンほど、動かない人っていません。

なぜだか分かりますか?

給料が高いので、虚栄心ばかり強くなって、自分を偉いと思い込んでいて、扱いづらくなってしまっている。

使えない人材に金が異常にかかるという状況が出来上がってしまっているわけ。

高いだけでロクに動かないなら、安い方が得。

歩合給が安い方が、顧客を確実に確保しないといけないため、営業も一生懸命になっているのです。

歩合給が高い会社の営業は、自分がある程度稼げたら、手を抜き始めるから。

これが、ハウスメーカーの営業の実態だから。

インテリアコーディネータがいる

インテリアコーディネータがいる会社をあえて選ぶ人も多いようですが、ほとんど役に立ってない。

インテリアなんか興味もないと人なら、何でもいいのにインテリアコーディネーターが絡んできてしまっているわけでしょ。

インテリアに興味がある人も、ある意味インテリアコーディネーターなんか必要ない人がほとんど。

自分で全て決めたいから、インテリアコーディネーターの存在が邪魔なだけ。

 

インテリアコーディネーターなんてのは、雰囲気だけ醸し出す仕事。

昔は、そんな余分な人材いなかったし。

これを専属で持っているという事は、余分な人件費がかかっているという事。

小さな会社なら、設計や事務員さんが兼任していて専属なんて無駄な人間置いていない。

 

インテリアコーディネーターの業務を見ている限り、ただの御用聞きにしかなってない。

じゃあ、営業や設計がついでにやれば?という業務内容なのだ。

壁紙やカーテンの色を選んでくれる人なんかいるか?

自分でするでしょ?そんな事。

 

家具までチョイスするようなコーディネーターもいるようだが、一般人に高級家具を提案しているため、ほとんどの客から拒否されている。

プランニングでカラー図面なんか作っても、ほとんど採用されないため、作る人材もコーディネーターも不要な気がする。

作成しまくる図面の量も半端ない。

こいつら経費が掛かり過ぎる。

高いハウスメーカーを排除すればいいだけ

高いハウスメーカーを選ぶ人というのは、ほとんどネームバリューで選んでいるだけのようです。

要するに、自分の思い込みで選んでしまっている。

自分が気に入ったハウスメーカーの中から、上記に書いた事項に各当するハウスメーカーを排除していけば、どこが安いか分かるでしょう。

 

宣伝で有名な会社を選びがちだけど、その宣伝費もあなたが払うのですよ。

みなさん、ハウスメーカーの選び方間違えてますから。

 

ハウスメーカー選びと捉えずに、1つの企業として経営にどれだけ無駄なお金を使っているかをチェックすればいいだけです。

人件費・宣伝費・本社や支店の維持費など、色々考慮してみたら、なんで高いか分かるでしょ?

ローコスト住宅の購入は?安いハウスメーカーの理由

ローコストを打ち出すハウスメーカー

ローコスト住宅を販売するハウスメーカーが増えてきました。

ローコスト住宅の購入に不安を感じる人も多いようです。

ハウスメーカーも経済情勢の悪い中、今まで通りのバカ高い住宅は売りにくのでしょう。

ローコスト住宅

 

そもそも、なぜハウスメーカーの家は高いのか

ハウスメーカーの家が高い事を、『メーカーは品質が良いから』という人がいます。

それは誰からそう聞いたのでしょうか?

ハウスメーカーの営業マンからの情報ではないですか?

正直、ハウスメーカーの住宅にはそこまで品質の良い材料は使用されていません。

他とたいしてかわらないモノを使ってあのお高い値段です。

じゃあ、何が高いのかって、それは『人件費』

メーカーって無駄に人が多いのです。

 

人が多いメーカーの内情

  • 仕事をするフリで残業
  • 内容の無い会議での出張
  • 本社社員の偉いさんを接待する費用
  • 生産性のない業務に人材が多い

メーカー社員の仕事をするフリ

メーカーは人数が多く経営者がいないという環境下のため、仕事もないのに残業をしている者が多数います。

残業代で給料を増やそうとしている者だらけ。

営業マンなどは、顧客もいないのに車を走らせどこかでくつろいでいます。

会社から支給されるガソリン代で、ずっとドライブ状態で目的地もないのに走っている者もいます。

そしてこういった行為をすべての社員が、他人事として無関心で放置しています。

メーカー社員は内容のない会議を開くのが好き

メーカーの開く会議はとにかく内容がない。

これはメーカーに限った事ではないが、自分のやるべき仕事を持たない者というのは会議を開くのが好きなようだ。

メーカーは特に何もしない偉い人がかなり多いため、会議を開きまくるクセがある。

自分のやる事がないから、やる事を作ってしまうのだ。

管理職に置かれても自分のすべき事が分からない能無しのオッサンがやりがちな事。

しかも会議で『女』の話とかしてるし。

その会議に出張させてまで来させるのは、完全な無駄経費。

自社の偉いさんを接待する

メーカーの一番不思議なところはこの接待。

通常、接待というのは取引先の企業に対して行いますよね。

なんてったって利益をもたらしてくれる取引先だから、接待を行うわけです。

でもハウスメーカーというのは自社の本社の偉いさんが地方営業所などを訪れると、過剰なほどに接待を行うのです。

要するに、自分の昇格のために会社の金で接待をしてる。

通常の経営概念が備わっている者であれば、会社の金で自分の会社の上役を接待するなどという愚かな行為は働かない。

やっている事がアホ過ぎるのだ。

サラリーマン同士が会社の金を私的流用してるだけなんだよね。

多数いる生産性のない人材

いわゆる『管理職』。

管理職が管理職を管理し、その管理職がそのまた下の管理職を管理する。

部署を管理するのではなく、1人の人間が1人の人間を管理するような事をしている。

管理というより、見張って因縁を付けているだけ。

 

社員たちは本社への報告書を書くのが毎日の仕事で、かなりの時間を要して報告書を作成している。

その報告書を読む係の人が本社にはたくさんいるのだ。

各営業所で管理体制が整っていれば、毎日個人が本社への報告なんぞする必要ないはずなのにね。

 

これらの行為に必要になってくるお金は、もちろん販売されてる家にすべて計上されているわけです。

ローコスト住宅が安い理由は?

ローコスト住宅を謳うメーカーの仕組みを知ると、安い理由が分かりました。

もちろん使用する材料も工夫して価格を抑えたりしていると思います。

しかし、一番の要因は人件費のように思います。

ローコスト住宅を扱うメーカーは、設計がいなかったり営業を大人数置いていないようです。

余分な人間を削減してローコストを実現しています。

ハウスメーカーに設計は必要ない

正直なところ、ハウスメーカーに設計は必要ないと言えます。

家の間取りはパソコンのCAD(キャド)と言われるソフトで入力します。

そのCADソフトが間取りさえ入力すれば構造計算や設計に必要なデータをはじき出してくれます。

そのようなシステムは20年以上前から存在します。

特にハウスメーカーはオリジナルのCADシステムを導入するのが早く、設計はCADよがりで仕事を行ってきました。

やっている業務がただのパソコン入力係なのです。

家の構造を確認するという、設計本来の業務ができない者が多いように思えます。

入力ならCADオペレーターという職種があります。

派遣会社に頼めば、すぐ安い賃金の派遣社員を用意してくれます。

メーカーによっては営業がタブレットで間取りを組んでくれます。

わざわざ重荷になる名ばかりの設計士など必要ないのです。

今のハウスメーカーの設計士には危険を感じる

CADソフトというのは、完璧ではありません。

パソコンを利用する人なら分かると思いますが、ソフトのシステムは人間が作り上げたものです。

不具合やエラーが出るのはよくある事です。

その不具合が起こっているのに気づかなくてはいけないのは、家の構造を理解しているはずの設計士でなくてはいけないのです。

パソコンソフトを作っているのはシステムエンジニアであり、設計士ではありません。

そのため、不具合が出るのは不思議な事ではないのです。

 

ハウスメーカーでよく見かける設計士の行動があります。

出来上がった図面に間違いがあった時、CADソフトのせいにするのです。

『CADでやったから間違いない。自分は間違えてない。』

こういう場面を何度見た事か…。

ハウスメーカーの設計士は設計業務における責任をシステムエンジニアに取ってもらおうとします。

自分が確認すらしていない。どころか入社した時からCAD任せで、設計という本来の業務のやり方は知らない。

ハウスメーカーの設計士を見ていると危険人物がとても多いように感じます。

ハウスメーカーの設計士は図面を作成していない

図面の作成は派遣のCADオペレーターに任せていたり、下請けや子会社に丸投げも多いです。

この現状から言うと、

ハウスメーカーに設計士なんて必要ない人材なのです。

そのため、削減すればローコストを実現できるのは当たり前。

設計士は不要物?

設計士という仕事が不要というわけではありません。

誤解しないでくださいね。

建築に必要な図面や書類をちゃんと作成し、キチンと設計の業務を果たしている人がほとんどです。

ただ、メーカーではそういう人がいないだけ…。

メーカーでは不要人材の設計を削減するとローコストが実現できたというわけ。

ハウスメーカーに営業は必要ない

かなりのローコストを打ち出しているメーカーは営業を大人数は置いていないようです。

営業を削減すればかなりのコストダウンが図れます。

営業の歩合給を知れば当然の事です。

ハウスメーカーの営業歩合⇒

住宅営業は素人同然

建築の経歴を持つ者は、まず営業職には就きません。

なぜなら、建築は技術職のためサービス業務の営業にはならないのです。

よく適当な調子の良い事をお客さんに対して言い、契約さえ取ってしまえばお客さんの前から姿を消してしまうとネット上にもよく書かれています。

これは、営業が建築素人だから。

お客さんに質問された事が判断付かないし、色々聞かれると困るから契約後は逃げる。

会社が教育しろよ!と思うかもしれないが、そもそも建築に興味がないから営業職を選んでるわけだから。

全く、覚えようとする姿勢すら見せない。

問題起こすのはだいたいが営業

家を建てた人なら経験あるかもしれないが、計画中や建築中に問題が起こる事がよくあります。

『設計に言って聞かせておきます。』

『現場担当に注意しておきます。』など、営業から謝罪を受けた経験ありませんか?

これは、設計のせいです。現場の担当のせいです。という得意の責任転嫁。

実際は営業の無責任な放置が招いている事が多いです。

お客さんからの依頼や伝言事項を伝えずに放置なんていうのはいつもの事なんです。

それを責任転嫁してお客さんの前で謝るというパフォーマンス。

お客さんの前で『自分がこいつらを管理している。』と見せかけるためのパフォーマンスです。

営業が一番給料が多く、昇格も早い

営業職というのが一番給料が高く、昇格するのが早いのです。

なぜなら、成績が明確に数字に表れるからです。

そのため、ハウスメーカーで役職の上位を占めるのは、建築素人の元営業がほとんど。

営業が上に立つ会社はどうなるか

営業マンが上層部を占めた会社を見た事があるだろうか。

社員に仕事よりも自分の事をちやほやする事を優先さる。

高給取りで昇格の早い建築素人はプライドの塊、人の上に立たせるとコレが始まる。

これに給料あげてるのも、もちろん消費者であるお客さん。

これに媚び売って仕事は下請けに丸投げしてチヤホヤ業務に勤しむ社員の給料払うのも、もちろん消費者であるお客さん。

営業がいないと家は格段に安くなる

正直、私個人の見解から言うと、営業は大人数必要ありません。

展示場を構え、展示場に少人数営業を置いておけばいいのです。

宣伝はCMや新聞広告でやっているし、展示場で待つだけなら給料のバカ高い営業なんか置く理由がない。

小さな工務店や町の建設業者には営業がいない会社がたくさんあります。

家を建てるのに特に必要不可欠な職種ではないのです。

設計や現場管理の人間が兼任できるからです。

そのため営業を大人数置かない事にしたメーカーには、お偉いさんもたくさんいないでしょう。

だから営業がたくさんいないローコストメーカーは格段に値段が安いのです。

 

ローコスト住宅に対しての結論

ローコスト住宅の品質に不安を感じる人は多いようですが、さほど品質は落としていないように思います。

品質の低い人材を削減してのローコスト住宅のように思います。

品質の低い人材を無駄に保有しているメーカーは、価格が高いです。

 

CAD任せ下請け任せの設計士なら、いない方が良いから削減。

展示場で待つだけの高給取りの素人営業なら、いない方が良いから削減。

 

ハウスメーカーの内情を知っている者なら、こういう人材に対して金を払いたくないというのが本音。

だからでしょうか、ハウスメーカーの社員って自社製品を購入したがらないんですよ。

昇進のために買うような人はいるんですけどね。

自分達が売ってる家に住んでない人が多い。

メーカーの社員からよく聞きました。

『こんな家、買いたくない。』と。

 

安い家に不安を感じるのではなく、高い家に不安を感じているのが、その高い家を販売しているハウスメーカーの社員なのです。