『建坪』とは何ぞや?建坪計算のやり方

家の外観

『建坪』を聞くのはいいけど『建坪』が何か分かってますか?

「建坪はいくらですか?」住宅展示場などではよく受ける質問です。

よく聞かれる質問なのですが、みなさん『建坪』が何か知らずに聞いてるようです。

『建坪』とは何か。『建坪計算のやり方』を覚えておきましょう。


『建坪』誤解してませんか?

建坪の事を敷地面積の事だと思って聞いている人もいますし。坪単価と間違えて値段の事を聞いているつもりの人もいます。1階の床面積の事を聞く人もいれば、1階2階の総床面積の事を聞く人もいます。

みんな『建坪は?』と聞いてくるけど、『建坪』が何なのか知らないようです。

現に今ネットで建坪で検索してみたところ、1ページ目に勘違いが並んでる。やっぱり…。

でも実は『建坪』という言葉は建築用語としては存在していないただの通称だったりします。

設計する時の図面や書類に建坪なんて項目無いんだもん。

じゃあ、建坪ってなんだよって思いますね。

ネットで調べたらサイトによっては違う事説明してるし…。ウソだろ…。

 

一般的に『建坪』とは建築面積の事を言います

設計図面を作成する際に算出する面積は『建築面積』『1階床面積』+『2階床面積』=『延べ床面積』。

そのうちの建築面積の平米表記を坪表記にしたものが『建坪』になります。

例えば、建築面積200㎡×0.3025(1坪の平米数)=60.5坪

 

建築面積が何なのかこのままでは分かりませんね。

建築面積や建坪が『土地に建物が乗っている面積です』と説明するとこれがまた誤解を招いてしまう。

こういう風に説明すると建物の基礎に木の枝を当ててガリガリと線を引いた家の輪郭だと思うでしょう。

違うんです。

家の真上から光を当てて出来た影が建築面積です。何が違うのかというと、屋根の庇もバルコニーも面積に入りますよという事。短絡的な表現をすると、その影で映った部分は全部あなたのものだから自分の敷地内に全て収めなさいよという事。それが建築面積になります。

時々、家の外壁を敷地の境界線にピッタリつけろって言う人がいます。庭を広く取りたいからって。

そういう建て方をしている特殊な地域もありますよね。家が隙間なくズラーっと並んだ場所もあります。しかし、あれはそういう建て方が許された特殊な地域で通常の住居地域はあのような建て方しちゃいけないんです。法律で決まっています。

そして境界線に外壁をピッタリくっつけてしまったらどうなるのかというと、屋根の軒がお隣の敷地にはみ出る。家の屋根がお隣の敷地内に不法侵入しますね。それは許されない事ですよ。


実は住宅展示場の建坪なんか聞いても何の意味もなかったりする

住宅展示場の建坪なんか聞いても本当は何の意味もない。

自分の持ってる土地の広さ>展示場の建坪

こういう方程式を出しているのだろうけど、展示場そのまま買うわけじゃないから。

うん、でも気持ちは分かる。自分が買った土地にどのくらいの家が入るか心配で仕方ないからみんな聞いちゃうのよ。

でも、住宅展示場って駐車スペース設けてなかったりします。しかもキレイに真四角に区画されてて自分の用意した土地とは形が違う。

はい、それもみんな分かってて聞いてみたもののいまいち参考にならないし、頭混乱してきますね。

でもやはり、みんな心配する気持ちを持っているのでついつい聞いてしまいます。

はい、聞いてくださって大丈夫です。心配する気持ちがそうさせるのは分っていますから、建設会社はちゃんと答えてくれます。

なので、聞くときは『建坪』が何の面積を表す言葉なのかだけ覚えておきましょう。


コメントを残す