ハウスメーカーの売上げランキングの見かた

ハウスメーカーの売上げランキング

ハウスメーカーの売上げランキングを、そのままそのハウスメーカーが人気なのだと思ってはいけない。

実は、私も最近まで知らなかったのだが、ランキング上位のハウスメーカーが、各地域ごとの地元工務店も含めた売上げランキングでは負けているのだ。

大手ハウスメーカーって、そこまで人気がないという事実がそこにある。

地方では、大手ハウスメーカーは人気がないというのが本当のところ。

 

ある有名どころのハウスメーカーは、実は一戸建てはあまり手掛けていないというのもあるのだ。

店舗や集合住宅などが、売りがげのほとんどを占めている。

CMで一戸建ての宣伝をしているため、人気があるのだろうと思い込んでしまうのだ。

地方のハウスメーカーは売り上げが上げられない

地方というのは人口が少なく、所得も都会から比べると低い。

「田舎の人は所得が低いから、売れないんですよ~」

「田舎じゃ、家は売れないんですよ~」

これがハウスメーカーの営業マンの言い訳。

 

確かに田舎の人は所得は低いかも知れない。

しかし、田舎の人はほとんどの人が一戸建てに住んでいる。

マンションとかに住んでる人は珍しいのだ。

マンションなどは、転勤族が住んでる事が多い。

そもそもうちの周りにマンションなんてない。

 

田舎の人って、なぜか土地だけはある。

住む場所を確保する時、土地があるのにマンション買う人なんかいないわけ。

ほんと言うと田舎ってそれなりに家は売れるお土地柄なのだ。

 

ハウスメーカーの営業マンが自分のノルマを果たせない言い訳がまかり通っちゃってるわけ。

そういう言い訳ばかりして、本当のところ事務所の中でくつろいで動きもしない営業マンを見せてもらったよ。

地方のハウスメーカーは売り上げが上げられない悪循環を抱えている

ハウスメーカーで自分の地域にあるのが『支店』か『営業所』かを気にした事があるだろうか?

支店でも営業所でも、どうでもいいよって思っちゃうかも知れないが、説明するとこういう事。

  1. 本社
  2. 支店
  3. 営業所

単純に順位付けするとこうなります。

これ、支店で営業成績の良いやり手の営業マンを人口の少ない地方に飛ばすと考えるとどうですか?

企業全体の売上げに響くと経営する側は考えますよね。

そう、出来のいい営業マンは都会の勤務となるのです。

人材を効率よく使うのが企業の考え方です。

 

地方の仕事の確保が難しい地域には、問題のある社員が配属されている事が多い。

サボりグセのある社員や、他の社員といさかいを起こす社員などが固められます。

その際に、一番利用価値のある場所が、売り上げを上げられない営業所しかない地方です。

最初から売り上げなど期待していない場所に、問題のある社員をもっていくわけ。

 

と、言う事は、営業所である時点で、社員レベルが恐ろしく低いという可能性があるという事。

誰っからも期待されていない社員が集まるとどうなると思います?

働くのが面倒くさい…仕事するのが面倒くさい…。

こんな雰囲気の組織に成り下がっています。

 

こんな状態で仕事量はほとんどないにも関わらず、本社から離れて放置気味のため、残業代稼ぎで夜遅くまで残業をして残業代稼ぎに勤しんでしまっているという状態。

ハウスメーカーのランキングが参考にならない

ハウスメーカーを評価した、顧客満足度ランキングや売上げ高ランキングは、内情を知る人間が見ると何の参考にするのか理解が出来ないというのが正直なところ。

これ見て、何がわかるねん状態。

 

ハウスメーカーのランキングを参考にすると、そのハウスメーカーの本質が隠れてしまっているため、惑わされるだけ。

ランキングは数字。

数字はいくらでも盛れるし、ランキングされると錯覚を起こす。

 

顧客満足度ランキングは、ランク付けではなくてポイントで見ると、どこの会社もそう変わりはない。

しかも、何で70点台なの?

ランキングされてるハウスメーカーの平均点がそもそも低い。

顧客に書き直しまでさせているのに、これなのか?って思うけどね。

 

しかも上位に来ているハウスメーカーで、一戸建ての販売に弱いハウスメーカーが混じっている。

これ、絶対一戸建て以外で売上げ上げてる。

全国展開しているのに、全国展開していないハウスメーカーより売り上げが低いのとか気になるし。

関連会社からキックバック要求してるハウスメーカーは、「売り上げ=家」という判定が出来ない。

『売上げ≠一戸建て住宅』

こういう事だから、ランキング事態が何を評価したいのか分からない。