家を安く建てるコツ

家を安く建てるにはコツがある

家をやすく建てるコツですが、家の形や仕様を伝授してくれるサイトはあるようです。

しかし、いくらコストを下げる工夫をしても、値段設定の高いハウスメーカーを選んでる時点で、何の意味もない。

しかも、家の形や仕様を細々注文を付けるというのは、敷地条件など制約があって必ずしもできるとも限らないでしょうね。

安い家を作る人に図面変更を何度も掛けられると、さすがにハウスメーカーにとっても迷惑この上ない。

 

最初っから、値段設定が高い所なんか選ばなければいいのです。

高いので有名なハウスメーカーにわざわざ行って、「安くしてくれ」という方がおかしい。

高い事ぐらいは、事前に分かるはず。

物が良いから高いと思い込んでいるのだろうが、物はさほど良くないのがハウスメーカーというものだ。

すご~く単純な、高いハウスメーカーの見分け方を教えましょう。

意味不明に高いハウスメーカーの見分け方

  • 残業で会社にいつまでも明かりがついている
  • 展示場にお姉さんが複数いる
  • 役職付きすぎ
  • ホームページで役員の数をチェック
  • 一部上場には配当金があるのよ
  • 営業の歩合給
  • インテリアコーディネーターがいる

残業ばかりしている会社

本社の前を夜中に通ってみると、いつまでも明かりのついた会社というのがあります。

「仕事が多いんでしょ」とか「忙しいのね」なんて思いがち。

彼らは遊んでいますから。

一日中喋って、さらに残業してお喋りに興じているような社員たちがいるハウスメーカーがあるんです。

仲良しこよしが過ぎるのでしょう。

 

残業代稼ぎを社員達が複数名でやっているわけ。

本社から離れた地方支店などでは、よくある事です。

本社の目が届かないから、みんなで残って残業代をせしめているのです。

残業している事を社員の評価対象としている管理職も多く、管理職が無理矢理残業させるような会社もあります。

その残業代はお客さんが支払わなければ賄えないですよね?

 

最近は、残業を減らす傾向が世間に出てきているので、していない可能性もありますが、意味なく会社に残りたがる残業代稼ぎ社員が多いのはハウスメーカーの特徴でもあります。

また、単身赴任の社員が多い会社は、家に帰っても一人なため、無意味に会社に残る傾向が強いように思います。

展示場にお姉さんが多い

展示場に案内係のお姉さんが複数いる会社があります。

丁寧な対応をしてくれるので、ありがたい存在ではあるのですが、維持費がすごくかかる。

住宅展示場って、平日はほとんど人が来ないんです。

ほとんどやる事がないというのが現実。

 

それなのになぜ、そんなに女性の案内係を置いているか知ってますか?

男性社員のお喋り相手、さらには酒の席のにぎやかしのためです。

「喜び組」というポジションですね。

イベントがあるたびに、アルバイトで募集をかけて、自分たちがイベントの後に女性と遊ぶ目的で雇うというハウスメーカーもあります。

 

ロクに役割もないような女性をわんさか用意しているハウスメーカーは、家が高いのでも有名なようです。

営業マンも接客を案内係にまかせっきりで、事務所でくつろいで動かないというポンコツ揃いです。

何かあっても電話に出ようとしない姿に不安を感じさせます。

対応しません!逃げます!という姿勢を見せてくれていました。

役職付け過ぎ

社員に役職を与えすぎているハウスメーカーがあります。

通常、腰掛けと言われるお茶くみオバサンに肩書をつけているような会社もあります。

どれもこれも二役職が付いているという事は、人件費がかかっているという事ですね。

この人件費に歪みが生じていた会社は、技術職を非正規で使い、お茶くみを昇進させていました。

技術的な部分に不安が多いハウスメーカーは、お茶というサービスだけは丁寧です。

自分の家よりお茶を重要視する人向きです。

ホームページの役員紹介

ハウスメーカーのホームページの役員紹介で役員の数を数えてみましょう。

恐ろしい数の役員がいるようなハウスメーカーも存在します。

役員とは「働かないおじさん」です。

この人達のお給料を払ってあげたいなら、そのハウスメーカーを選べばいいでしょう。

 

その働かないオジサンの経歴などが見られたら、検証してみましょう。

建築とは関係ない所から流れ込んできた、天下り的な人が混じっているようです。

しかも、年齢が…すでに定年過ぎているし。

オンボロ人材に金をかけている様子を感じるハウスメーカーは、高いに決まっています。

一部上場企業

株式が上場しているという事は、株主が多いという事。

株主が多いという事は、配当金も必要になってきます。

また、財閥企業の名前を下げたハウスメーカーと言うのがありますよね?

株主に相当の配当金が必要な会社です。

配当金の分も稼がなければいけない状況と言う事は、それを支払うのは顧客ということですね。

財閥系は意味不明に高いでしょう?

こういう事ですね。

営業の歩合給

値段の高いハウスメーカーと、ローコスト住宅を提供している会社では、営業マンの歩合給が全く違います。

ローコストって材料費をケチっているのではなく、人件費を削減している。

値段の高いハウスメーカーの営業マンほど、動かない人っていません。

なぜだか分かりますか?

給料が高いので、虚栄心ばかり強くなって、自分を偉いと思い込んでいて、扱いづらくなってしまっている。

使えない人材に金が異常にかかるという状況が出来上がってしまっているわけ。

高いだけでロクに動かないなら、安い方が得。

歩合給が安い方が、顧客を確実に確保しないといけないため、営業も一生懸命になっているのです。

歩合給が高い会社の営業は、自分がある程度稼げたら、手を抜き始めるから。

これが、ハウスメーカーの営業の実態だから。

インテリアコーディネータがいる

インテリアコーディネータがいる会社をあえて選ぶ人も多いようですが、ほとんど役に立ってない。

インテリアなんか興味もないと人なら、何でもいいのにインテリアコーディネーターが絡んできてしまっているわけでしょ。

インテリアに興味がある人も、ある意味インテリアコーディネーターなんか必要ない人がほとんど。

自分で全て決めたいから、インテリアコーディネーターの存在が邪魔なだけ。

 

インテリアコーディネーターなんてのは、雰囲気だけ醸し出す仕事。

昔は、そんな余分な人材いなかったし。

これを専属で持っているという事は、余分な人件費がかかっているという事。

小さな会社なら、設計や事務員さんが兼任していて専属なんて無駄な人間置いていない。

 

インテリアコーディネーターの業務を見ている限り、ただの御用聞きにしかなってない。

じゃあ、営業や設計がついでにやれば?という業務内容なのだ。

壁紙やカーテンの色を選んでくれる人なんかいるか?

自分でするでしょ?そんな事。

 

家具までチョイスするようなコーディネーターもいるようだが、一般人に高級家具を提案しているため、ほとんどの客から拒否されている。

プランニングでカラー図面なんか作っても、ほとんど採用されないため、作る人材もコーディネーターも不要な気がする。

作成しまくる図面の量も半端ない。

こいつら経費が掛かり過ぎる。

高いハウスメーカーを排除すればいいだけ

高いハウスメーカーを選ぶ人というのは、ほとんどネームバリューで選んでいるだけのようです。

要するに、自分の思い込みで選んでしまっている。

自分が気に入ったハウスメーカーの中から、上記に書いた事項に各当するハウスメーカーを排除していけば、どこが安いか分かるでしょう。

 

宣伝で有名な会社を選びがちだけど、その宣伝費もあなたが払うのですよ。

みなさん、ハウスメーカーの選び方間違えてますから。

 

ハウスメーカー選びと捉えずに、1つの企業として経営にどれだけ無駄なお金を使っているかをチェックすればいいだけです。

人件費・宣伝費・本社や支店の維持費など、色々考慮してみたら、なんで高いか分かるでしょ?

スポンサーリンク

関連記事

キッチン

お料理を頑張るという約束で高価なシステムキッチンをねだる

キッチンのグレードを上げてもお料理のグレードは上がらない 『お料理を頑張るからキッチンはこれがいい

記事を読む

no image

ハウスメーカーのクレーム対応は逃げるために設けてあるのよ

ハウスメーカーのクレーム対応 ハウスメーカーといいうところは、とにかくクレームが多い。 仕事

記事を読む

no image

家を手放す「住宅ローンが払えない」

住宅ローンが払えなくなってしまう 住宅ローンが払えなくなって、家を手放す人が増えているそうです。

記事を読む

家の外観

良い家の条件とは

『良い家』の定義とは 家を建てる人は皆『良い家』を求めます。 具体的に『良い家』とはどういう

記事を読む

no image

理想を追い求めるという事「被災時、家を買う時の注意」

理想を追い求める自分がいる事に気付く 地震や災害が多くなって、自宅が被災してしまったという人が多い

記事を読む

no image

ハウスメーカーの契約での注意点

ハウスメーカーは契約を急かされる ハウスメーカーは、契約を急かしてくる事がよくあります。 こ

記事を読む

工務店とハウスメーカー

坪単価とは?坪単価計算の落とし穴

坪単価という金額の表し方について 家に坪単価などという金額の表し方は本来ない 本来、家の金額を表

記事を読む

no image

年収と家の値段の関係

年収と家の値段 年収って都会と地方では、同じ業種でも全く収入が違いますよね。 ハウスメーカー

記事を読む

no image

家の相見積もり「何社かを比較検討してますか?」

家の相見積もり 『相見積もり』というのは、自宅の建築を依頼する建設業者を決めるために、数社から見積

記事を読む

no image

一級建築士と二級建築士の違い

建築士を選ぶ人 木造の家を買いにきたお客さんで、二級建築士が担当したのが気に入らないからと、一級建

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
過去に起こった地震と家の関係

大規模地震での家の被害 『地震に強い家』っていうフレーズ。 今

no image
この住宅メーカーヤバイやろ

この住宅メーカーのどこがいいのか… なんでここで家を買うのか分かんね

no image
オリンピック競技場の建設を何故ゼネコンは引き受けたのか?

オリンピック新国立競技場建設 オリンピックの新国立競技場の建設に関わ

no image
バリアフリーな家づくり

バリアフリーの本当の意味 『バリアフリー』と言うと、「段差がない」と

no image
自慢したくなる家

自慢したくなる家を欲しがる人 自慢したくなるような家というと、自分た

→もっと見る

PAGE TOP ↑